野球のファーストというポジションは打者優先の選手であったり、守備の負担を少なくする選手を配置する場合があります。

また内野手の送球を捕る役割が多くボジションですが、連携プレーなどには重要な役割があるポジションでもあるのです。

ここでは「野球が上達するためのファーストの動き」を考えます。

1.以外と多い細かな動き

野球でファーストの守備は主に内野手の送球を捕ることです。

打球に対する動きもセカンドやショートに比べると守備範囲は広くありません。

しかし、ファーストに飛んでくる打球は時には強烈な打球が飛んできます。

その打球に逃げずに体を張って捕りにいかなければ、一塁線を抜けた場合は長打になってしまいます。

このようにセカンドやショートにはない強烈な打球が飛んでくるポジションでもあります。

また、動きが少ないポジションのように思われがちですが、連携プレーなどには重要な動きが託されたポジションでもあります。

ファーストの動きと判断の良し悪しがプレーの結果に大きく影響します。

2.ファーストはコミュニケーションが大事

ファーストの動きで一番取り組むのがバント処理への動きです。

ランナーのいる場所によって動きが変わりますのでその時の判断力がランナーを次の塁へ進めるかアウトにするかの分かれ目になります。

まず基本的に多い動きがバント処理です。

ランナーを次の塁へ進めないためにランナーを牽制しなければならない状況からバッターにバントをさせづらくするためにプレッシャーをかけて前進をするという動きを素早くタイミングよく取らなければなりません。

またランナーがいない状況で二塁手の前にゆるく転がすセーフティーバントに対する動きと判断は非常に難しいプレーになります。

スポンサーリンク


そしてこの時のピッチャーとセカンドとの連携も非常に大事になります。

このようなバントに対する動きとカットプレーに関する動きも大きな役割でもあります。

特にランナーが2塁の時にライト前やセンター前のヒットが出た場合ホームへの返球に対して中継に入ることになります。

この中継の入り方でホームでアウトにできるかどうかの分かれ目になります。

ファーストの動きはバントへの対応とホームへの中継が主な動きとなります。

 

3.ファーストの練習

ファーストに求められるのは送球に対する捕球とバントへの対応とカットプレーへの対応です。

その際に技術的に上達させなければならないのはスローイングの正確さです。

バント処理に対して前に突っ込んでいきながら2塁・3塁に素早く正確な送球をしなければなりません。

また、カットプレーにおいてもカットしてからの送球の正確さが必要となります。

そして一番練習しないといけないのがピッチャーとの連携プレーです。

ファーストゴロを捕ったとき、自らがベースに入るのか、ピッチャーのベースカバーを待つのかの判断が必要になります。

そしてベースカバーに入ってくるピッチャーへのトスのタイミングもしっかり覚えていかなければなりません。

ファーストというポジションは守備の負担が少ないポジションのように思われていますが実は細かなプレーでの判断力や連携が求められています。

野球が上達するためにはファーストの動きをしっかり理解する必要があります。

またチーム内でのコミュニケーションを意識して声の掛け合いなどの練習をしっかりして守備力を上達させることが大事になります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク