野球には各ポジションにやくわりがあります。

ファーストというポジションはバッテリーを除いて一番ボールに触れる機会が多いポジションです。

ここでは「野球が上達するためのファーストの守備」について考えます。

内野の信頼を受けるポジション

野球でファースト守っている選手のイメージというのは打力優先のポジションだということです。

確かに他のポジションに比べたら多少動きが少ないように感じますが、試合になるとバッテリー以外では最もボールに触れることの多いポジションとなります。

ファーストの守備に求められるのはまず内野手からの一塁への送球を確実に捕るということです。

内野手の送球が常にいい送球ばかりではなく、時にはワンバウンドしたり横に逸れたりすることもあるので、その時にしっかりと捕ってもらえるとファーストへの信頼は非常に大きくなります。

また内野手がギリギリのプレーをした場合一塁への送球は難しい送球になります。

その時の内野手のプレーをファインプレーにするのがファーストの役割でもあるのです。

2.ファーストに求められる柔軟性

ファーストの守備で一番多いのが内野手からの送球を捕球することです。

この時に一塁ベースを踏みながら体を伸ばして捕る動作が必要になります。

この送球に対する柔軟な対応ができないと送球が捕れなくなります。

このような送球に対する捕り方を確実に体で覚えることで内野手は安心して一塁への送球ができるようになります。

スポンサーリンク


では具体的にどのように捕るのか。

ファーストが送球を捕る時の一番大事なことは低い姿勢で構えるということです。

一塁ベース上で打球の飛んだ方向に向きます。

ボールを捕った野手が一塁への送球態勢に入ったら一旦しゃがむような感じで腰を落とします。

そして送球に対して目線をボールの下の方に向けて送球の高さに合わせて片足を出して前に伸びて送球をとります。

これが基本的な捕り方になります。

この時にショートバウンドの送球がきた場合は、ボールを下からしっかり見て足を出すと同時にグローブを逆さに立てるようにして地面を這うようにして前に押し出してボールを捕りにいきます。

3.ファーストの練習方法

ファーストの選手がショートバウンドを捕る練習をするのに参考になるのがキャッチャーの構えです。

キャッチャーが構えるキャッチングの構えをショートバウンドのボールを投げてもらいそのボールを逆シングルで捕る練習をしてショートバウンドのグラブさばきを覚えるのです。

今度はこのキャッチャーの構えで座った状態から足を出して捕る練習をします。

この動作を繰り返し練習してショートバウウドの捕り方を体で覚えていきます。

ファーストの守備とはまず送球を確実の捕ることが基本です。

特にショートバウンドの捕り方はファーストの守備を上達させるには不可欠な練習になります。

練習を繰り返して送球に対する捕球力を上達させることによってチーからの信頼を得ることがとても大事なことになります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク