野球におけるスローイングのコントロールはピッチャーにおいても野手においても基本として持っていなければなりません。

スローイングのコントロールを良くするにも正しいスローイングを身につけることが大切です。

ここでは「野球が上達するためのスローイングのコントロールを身につける」を考えたいと思います。

1.基本はキャッチボールをしっかりすること

スローイングをコントロール良く投げられるということは守備においても安定感が増すことになります。

また、ピッチャーにおいてもコントロールが良いと思い切った投球ができるようになります。

このスローイングを正しく身につけることが野球の基本であるキャッチボールなのです。

ただ漠然とキャッチボールをするのではなく、一球一球を意識してキャッチボールをすることでスローイングの技術を上達させていくことができるのです。

2.守備の良い人はスローイングが安定している

野球の試合の中でエラーが記録される半分近くは送球によるエラー、つまり悪送球によるエラーです。

プロ野球の選手でも守備がいいと言われる選手は送球が安定しています。

反対に投げることに不安を抱えている選手は簡単な打球でもエラーをすることが多くあります。

それは送球に不安を抱えることでちょっとしたハンブルやイレギュラーなどで慌ててしまって余裕のあるプレーができなくなるのです。

スポンサーリンク


したがってしっかりとした守備力を身につけるにはまずスローイングの基本を身につけなければなりません。

3.正しいスローイングを身につける

まずスローイングの基本は足です。

足は投げる方向に真っ直ぐ踏み出して投げます。

さらには投げる方向に向かって前の肩(右投げなら左肩)が足と同じ投げる方向に真っ直ぐ向けます。

投げる腕は肘から出すイメージで体の回転を使って投げることを意識します。

手はボールを離す時に軽く親指を手のひらの中に入れる感じでボールを投げます。

この動きは守備で打球を処理する時も同じ動きになる基本中の基本です。

4.コントロールをつけるにはスナップスロー

正しいスローイングをコントロール良くするには肘の使い方と手首の使い方いわゆるスナップスローが重要になります。

これは野球選手である限り全員が身につけるべき基本になります。

投げ方はまず肘から始動することを意識します。

手は指先に軽く力を入れてボールを弾く感覚でボールを離します。

投げた後に手は相手の胸を指すような感じで手を止めることです。

この練習で肘と手の使い方をしっかり覚えることでコントロールを身につけていくことができます。

ポジションによって多少の動きに違いはありますが、ボールを投げる基本は変わりません。

スローイングは守備における生命線です。

野球を上達させるためには正しいスローイングを自分のものにすることが大事です。


スポンサーリンク



スポンサーリンク