野球の守備をしていて、キャッチャーをはじめいろいろなところを守っている人がサインを出しているのを目にすると思います。

1.サインプレーの必要性

なぜ、野球をしていてサインプレーが守っている守備側に必要なのかともう人もいるかもしれませんが、攻撃をしている側だけがサインプレーをしているわけではありません。

例えば、守っている側で良く目にするサインプレーはランナーが2塁にいる時に、セカンドの人かショートを守っている人がピッチャーに向けてサインを出しているのを見たことがある人が多いのではないかと思います。

この時のサインは、どっちがどのようにしてベース上に入るからそれに合わせて牽制を入れてくれというものか、いろいろ野手側でやるけども牽制はいらないというものかをあらわしています。

他にもいろいろと守っている側にもサインがあります。

牽制だけでなく、守備位置を右寄りするとか、左寄りにするとかのサインです。

もちろん、トリックプレーといった内容のサインプレーもあろうかとは思いますが、そのようなサインをひとつひとつ野手陣と投手が確認して動くのです。

その動きがバラバラにならないようにするためにもサインプレーというのは必要になるのです。

2.サインプレーの方法

ここで、ひとつピックオフプレー例を出して説明をしたいと思います。

キャッチャーのサインがここではいいかと思います。

何らかの決定サインを設けておいてそのサインを出したとします。

スポンサーリンク


それは、どういうものかというと、ピッチャーはキャッチャーにボール球を投球、そして、キャッチャーは一塁へ送球し、一塁走者をアウトにするという内容のものです。

しかし、その際にファーストとサードはバントシフトという事で前へ前進しますので、このプレーはバッターが初めからバントの構えをしている時とかに使えるトリックプレーです。

内容に戻りますが、前へ出たファーストを見て大きく走者はリードしますので、その後ろからセカンドを守っている人が一塁のベースカバーに入りキャッチャーからの送球をもらい走者へタッチするというプレーです。

ことばでは、これだけで済みますが、ひとつひとつポジションの説明をすると、ピッチャーはボールを投げる、キャッチャーは一塁へ送球、ファーストとサードはバントシフトで前へ走る、セカンドは一塁のベースカバー、
ショートは走者が二塁へそのまま走ってきた時のために二塁のベースカバー、レフトとセンターはショートの後ろでカバー、ライトはファーストへの送球が外れた時の為のカバーと、何もしない人はいません。

このプレーのようにトリックプレーは自分たちでいろいろ考えて演技して、上達するとおもしろい事が起きる可能性もあるかもしれません。

まとめとして、サンプレーをすることで、守っている人たちも次に何をするのかどこにボールを投げればいいのかを確認できたりします。

意見を合わせるためにもサインプレーは必要かもしれません。

野球チームのチーム力を上達させるためにもサインプレーはなくては困るものだと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!