野球の守備の技に逆シングルというものがあります。

逆シングルとはグラブを逆にしてきわどいボールを捕る技です。

逆シングルはとても難しい技ですが、コツを掴めば意外と簡単にボールを処理することができます。

そこで、野球の守備に使う逆シングルのコツとその上達方法をご紹介していきたいと思います。

1逆シングルとは

逆シングルとは自分よりも右側に行った際どいボールを正面に入らずに捕球する方法です。

逆シングルでミスしてしまう場合の多くはボールをしっかりと見ていない場合が多いです。

逆シングルは内野手がよく使う技です。

内野手の方はできるようになりましょう。

2逆シングルでのボールの捕り方

逆シングルでボールを捕る場合はグローブをしっかりと開かないと捕りにくくなってしまいます。

ショートやセカンドの選手はグラブの型のつけ方が浅めになっている選手も多いと思いますが、しっかりとグローブを開きましょう。

グローブを開くことで捕球率を上げることにもつながります。

また、ボールをしっかり見ることも重要です。

3逆シングルのコツ

逆シングルをサラッとこなすためにはいくつかのコツがあります。

スポンサーリンク


まず、グラブの使い方です。

グラブは下からすくい上げるようなイメージで使いましょう。

上からグラブを出してしまうと逆シングルでは処理できないことが多くなってしまいます。

上からグラブを出すと点で処理することになりますが、下から使うことで線での処理が可能になります。

線で使えるようになると捕球率が格段に上がり、エラーが少なくなります。

4逆シングルで処理した後

野球の守備では捕った後に送球をしなければなりません。

送球にスムーズに移るためにも、逆シングルで捕ったあとはすぐに止まれるようにしましょう。

逆シングルの場合は左足で止まるようにすると上手く止まれます。

そして逆シングルの場合は両手で捕ることはできませんので片手での捕球になります。

片手での捕球の場合グラブの使いこなし方やハンドリングがとても重要になるので普段から片手でのグラブさばきやハンドリングを練習しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

野球の守備で逆シングルはとても難しいのでかなりの練習が必要です。

ぜひこの逆シングルの捕り方やコツを参考にして上達を目指してみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!