野球の試合で守備をしていて、1点を与えてしまうのと、アウトに出来るのとでは大きく勝敗を分けます。

ここでは、この1点を与えるか与えないかの大事な中継プレーの説明をしたいと思います。

1.中継とは

野球で中継を行う時というのはおそらくですが、一刻を争う状況の時に使用する守備側のフォーメーションのようなものだと思います。

基本的にはどのように行っていけばよいのか、という事になりますが、基本的にはボールを内野側へ外野の選手が返球をする際に鋭いライナー性のボールでの返球が出来ない距離の時に使用するものとなります。

なので、外野の選手の方でもランナーがいない状況で自分の所にボールが飛んできて自分のいる位置より前に行かないといけないような打球の時は2塁へボールを返球しますが、そこでは投げる事は可能だと思います。

しかし、外野の間を抜いていかれたりなど、外野の頭を超えていくような打球の時、つまり自分より後ろにボールを捕りに行くときは、その分投げる距離も遠くなりますので、その距離を保つためと1秒でも早く返球する為にこの動きを行うようになります。

2.中継プレーの注意点

中継プレーを行う時に注意する点がいくつかありますので、ここからはそこに注目していきます。

まずは、守備をしていて中継が必要になったとします。

スポンサーリンク


その時に中継に入る選手は、外野手の肩の強さなどを理解しておきその人を追いかけます。

ここで、上達する為のポイントが一つありますが、ボールを追いかけている人がボールを捕った後の体制というのはいつもの体制より投げにくい体制ですので、想像しているよりも外野手の方を追いかけてどちらかというと中継に入った方の方が多い距離投げる方が理想です。

理由は、中継に入った選手はステップを踏んで投げる事が出来ますがボールを追いかけている外野手はボールを拾ってすぐに返球しますのでその方が一般的には早くなります。
 
このように野球はチームスポーツという面もかなり重要視されますので相手の事よく理解する事も必要になります。

中継に入る上達ポイントはもう一つありますが、入る位置としては先ほど説明しましたが、その位置も適当ではなく中継に入ろうとしている人が目的ポイントとボールを追いかけている外野手を線で結び直線になる位置に入るように心がけます。

微妙な位置調整は目的ポイントの選手が行いますのでその指示で右にいったり、左にいったりしますが、基本的な位置には自分で入ります。

更にボールを待つ体制は、正面を投げてくる相手に向けるのではなく目的ポイントと外野手に対して半身で構えてボールを受け取った後すぐに、送球を行える状態で待つことが理想です。

1点を相手に与えない為に少しでも早くなるように工夫して取り組んでみて下さい。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!