野球の守備練習で必要なことは試合を想定して練習が出来るかどうかです。

それが、出来る人は上達します。

1.試合を想定した練習

守備練習をしようと考えた時にまず、頭をよぎる考えはノックを誰に打ってもらうようにしようかという事だと思います。

しかし、現状一人で行わないといけないからやめようかな、では守備力の上達はありません。

守備の練習方法は考えればいろいろと出てくるかと思いますが、ここでは一つ紹介したいと思います。

壁などにボールを当てて戻ってきたボールを捕球する方法です。

この時の注意点としては、捕球をしたりするとき、打球の方向に移動をすると思います。

前後左右いろいろな方向に動きますのでそれを想定してキャッチするようにするのですが、その時に勘違いしている人が多い点ですが、ボールを捕球できれば大丈夫と思う人が多いです。

捕球できれば大丈夫という考えでなぜいけないのか、それは野球の試合でボールを捕ったらプレーが終わる状況はまず、フライでないとあり得ないからです。

ゴロの打球を捕球した後、必ず送球があります。

スポンサーリンク


その動作を想定して捕球しているか、すぐに送球できるか、どこに送球するようにステップを踏んでいるのかそのようなことを頭に入れて練習をしていかないとなんの練習にもなりません。

2.練習

先程は、全ての事を流れで行う一人練習メニューを紹介して説明を行いましたが、ひとつひとつの動作を個別に練習する一人練習方法もあります。

野球のボールを待っている構えの姿勢からですが、膝を曲げて前傾姿勢になり、つま先は真っ直ぐか若しくは少し内股で構えます。

その状態でグローブを降ろして地面にグローブが付くくらいまでしっかりと腰を落とします。

ボールを捕球する為に走る動作ですが、上記の構えから目線などをあまり変えないように素早く動くことが出来るように練習します。

捕球を行う時は打球に対してグローブを立てて行うようになります。

捕球したらすぐにボールを持ちかえますが、その動作に入れるようにボールを捕球する時に投げる方の手でグローブに手を添えるようにしておくといいと思います。

その後、素早くステップを踏み送球動作までをとるようにする

このひとつひとつの動作を個別にそれぞれを反復して練習し、それが素早く出来るようになったところで先ほどの連動した動きに切り替えるとスムーズに取り組めるようになると思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク