野球で守備をしていて、内野フライを捕球するのは実は以外にも難しかったりします。

1.内野フライとは

打つ側の人たちもボールをしっかりと打ち返してヒットにしようと思って打席に入っているはずです。

ですので、当然ですが内野フライを打とうと思って打っているわけではありません。

何が言いたいのかというと、野球で守備練習をしている時にコーチなどが内野フライの練習もしてくれると思いますが、その時は打とうとして打っている内野フライなのですごく簡単な打球のイメージが皆さん自身にもついているのではないかと思います。

打たれたくないから全力で投げたピッチャーのボールと、ヒットにしようとしっかり打ち返そうとしたバッターの振ったバットの関係で内野フライの時にもの凄い回転が掛かりグローブに一度入れたと思ってもそこから飛び出てくるような場面って見たことありますよね。

そのようなボールというのは、内野フライの時に起こります。

なので、守備をしている側からすると内野フライとは以外に捕りにくかったりしますし、そのボールを捕りにくいとはいえ弾いて落したりしてしまうとチームのムードも一気に下がってしまい、なぜかその状況を引きずってしまいます。

スポンサーリンク


2.内野フライ捕球時の注意点

グローブの位置ですが、顔よりも高い位置に構えてしまうと先ほど言ったように激しい回転がかかっており、その回転によってグローブから弾かれた時に対処が取れませんので、よく耳にする顔より高い位置でボールを捕るというのは聞きますが、それは癖のない外野のボールを捕る際のものなので使い分けが必要だと思います。

分かりやすくいうと、キャッチャーのフライを考えて頂いたらいいですが、顔の位置より高い位置でキャッチャーフライを捕っている人はいないと思います。

キャッチャーフライを捕球する時にグローブの捕球面を自分側に向け捕球するのはこのような時にでも、体でボールの出ていくのを抑えることが出来るのでそのようにしているのです。

なので、野球の守備をしていて内野フライをとるときはキャッチャーのようにして捕球をするようにとは言いませんが、顔横あたりにして構えてグローブの捕球面が横向きになるようにとる事が出来れば、激しい回転でグローブを弾かれたとしても対応が出来ると思います。

これが、自分側ではなく前方向に捕球面を向けていると自分から遠くにボールが弾いて逃げていくようになりますので、対応が難しくなります。

このため、このようなフライを捕るための上達していくポイントとしては、自分から常時見えるようにして捕球面を向けて内野フライを捕球するようにすることで上達すると思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!