野球におけるファーストの守備のほとんどは内野手の送球を捕球することにあります。

それに加えてもう一つの大きな役割はバント処理です。

ここでは「野球が上達するためのファーストのバント処理」について考えてみます。

1.可能な限り相手のチャンスをなくす

野球のファーストの役割で重要なプレーの一つにバント処理があります。

バントの打球は比較的ファースト側に転がることが多く、この時のファーストのバント処理は非常に大事なプレーになります。

ファーストのバント処理の基本はバントに対して確実にアウトを取ることです。

ただ何もせずに一塁でアウトを一つとっても相手にチャンスを与えるだけになってしまいますので、可能な限り相手のチャンスをなくすバント処理に挑む必要があります。

ランナーがいてバントの可能性が有る限りファーストはバッターに対して何らかのプレッシャーをかけていく必要があります。

ファーストは動きが少ないポジションに思われがちですが、バント処理に対しては積極的にアウトを取りにいく姿勢が必要になります。

2.ケースに応じたバント処理

バントのケースが多いのが無死一塁、または二塁、一・二塁などのケースです。

無死一塁の場合、ランナーが一塁にいるのであまり早く一塁ベースを離れてしまうとランナーはリードを大きく取れるのでスタートがしやすくなります。

反対にベースにつきすぎていると二塁でランナーをアウトにできる確率は低くなります。

この場合一塁ベースを離れるタイミングがポイントになります。

スポンサーリンク


次に、二塁、または一・二塁の場合ですが、この場面はできるだけ三塁にはランナーを進塁させたくないので可能な限りバッターにプレッシャーをかけにいきます。

この時は一塁ランナーをあまり気にする必要はありません。

3.ボール対する処理のしかた

以上のようなケースでいかに前の塁でランナーをアウトにするかはボールに対する体の使い方で決まります。

二塁へ送球するとき、右投げの場合は転がってきたボールに対して右側に体を入れて右足を軸にしてボールを捕ってグローブを持っている方向に回転をして二塁へ送球します。

左投げの場合は回転する必要がありませんのでボールの左側に体を入れて二塁に真っ直ぐ向かって送球することです。

次に三塁への送球は前進する時に真っ直ぐ前進するのではなく、やや一塁側のラインに沿うように曲線的に前進します。

そしてボールに対して左側に体を入れてボールを捕りそのまま三塁方向に真っ直ぐ向いて送球します。

このバント処理を前の塁でランナーをアウトにするということは大きな勝負になります。

アウトにできればビックプレーになりますし、セーフになればピンチが広がります。

このときの判断は非常に重要なポイントになりますが大事なのは常に前のランナーをアウトにするという意識です。

その場合迷いや躊躇があれば絶対にアウトにすることはできません。

これは練習のときから常に高い意識をもって練習をしていないと試合の中で突然できるものではありません。

正しい体の使い方と高い意識をもって何回も繰り返して練習をすることでファーストとしての守備も上達していきます。

正確なプレーを目指して練習を繰り返していくことが大事になります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!