野球の試合で攻撃してくる相手に対して堅い守備でダブルプレーを奪ってしまうと相手のやる気や希望を一気に喪失させるほど効果があります。 

1ダブルプレーの基本

野球でダブルプレーとは、2つ一気にアウトにすることをいいます。

基本的には1塁に走者がいて、打者が内野ゴロを打つ、その打球を捕球して2塁へ送球後に1塁へ送球し双方共にアウトにすることがほとんどのケースです。

しかし、他にも2つ一気にアウトにするケースはありますので、その際もダブルプレーという呼び方は変わりありません。

それでは、基本的な守備をしていての2塁と1塁で行うダブルプレーのケースで考えていきたいと思います。

先ほども内野ゴロが転がると言いましたが、そのゴロが転がる方向で2塁のベースに入る人が変わります。

どういう事かというと、野球ではベースカバーに入る際、2塁ベースは右側(一塁側)の打球に対しては、ショートが、左側(三塁側)の打球に対してはセカンドが入るようになっています。

これは、ショートやセカンドに打球がくると当然打球の処理を行うので、その処理をしている守備の人とは逆の人ではないとベースに入ることは出来ないので理解できると思いますが、サードやファーストの時もと考える方もいると思います。

それは、打球の処理をする人のカバーを行うますので2塁に入ることは難しくなるので、逆の人が入る事になります。

どちらか困るケースの際は、ショートが入った方が次の動作に移りやすいのでその事を考えるとショートを守っている人が入る方がチームとして上達するかとは思います。

スポンサーリンク


2ダブルプレー時のベースへの入る方

ダブルプレーを行う時に2塁に入る動作を説明します。

まずは、セカンドを守っている人です。

ショート、サードから2塁ベースを見た時にベースの後方(1歩)の位置でボールを待ちます。

ボールがベース上に送球されるので、そのボールに合わせて左足でベースを踏むようにし、捕球すると同時に右足を1歩前へ出して左足をベース~外しそのまま、送球する1塁方向へ踏み出して送球する。

なぜ、ベースを踏んで1歩前に出るのかというと、走者が塁線上は走ってくるということと、ベースを踏んでそのままステップを踏むと走者が滑り込んできた足に自分の足を刈られるような形になり1塁へ送球が出来なくなるので走者を避けるために行います。

ですので、左足でベースに入った後のステップ方法はいろいろあります。

例えば、右足で前に出ると言いましたが、その右足をベースの後方に1歩出すことで走者を避けたりもします。

その時の状況でステップ方向を変える事も判断しないといけないと思います。

次にショートの動きですが、基本的にはショートの方の方が1塁に送球しやすと思いますので、より送球しやすくするように2塁に入る事を考えないといけません。

送球がくる方向が、塁線上より外側ならベースの左側を使用するように準備します。

逆に塁線上より内側ならベースの右側を使用するようにします。

その時にベースを踏む足を、ベースの右側を使用時は右足、左側を使用する時は左足で行うようにするとより上達すると思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!