野球をする際に、自分のワンプレイが試合を左右する場面というものが出てきます。

その時に、コンマ何秒かの差でセーフになってしまったとしたら、その状況を解決するのがこの当て捕りという方法です。

1.当て捕りとは

野球の練習の用語として、守備練習で当て捕りというものがありますが、実際知らない方もいると思います。

しかし、野球の守備の技術を上達させていくためにはとても重要な項目ですので見て頂きたいですし、主に内野手の人には出来るようになってほしいです。

どのようなことをするのかというと、通常グローブの使い方としては親指と人差し指の間付近にボールをつかむためのポケットと呼ばれる場所があります。

そのポケットの部分にボールを合わせてつかむように最初は練習をしているのですが、この当て捕りというのはボールをつかみません。

つまり、グローブの中にボールを入れてボールをつかむのではなく読んで字の如くグローブに当てて即座にボールを投げる方の手でつかむことを言います。
 
そうすることで、守備を行う際に必要な次の動作、送球への流れを素早く行えるようになりますのでコンマ何秒を縮めるようにするには最適の動きとなります。

今までポケット部分で捕球していたものを手のひら部分で捕球するように変える、というだけのことです。これにより捕球後にすぐボールをつかむことができるようになります。捕球の際には指は上に向け、グローブを縦に使い、右手でフタをするようにしてボールをつかみます。

たったのそれだけですが、なれていないとポロポロこぼしてしまいがちです。

スポンサーリンク


まずは慣れだと思いますので、じっくりと練習を繰り返してください。
  

2.当て捕りの方法

ボールを基本的につかんでいたことは前文で説明していますが、そのボールをつかむ場所を変える事でこの動作になります。

その場所とは、分かりやすくいうと内野を守る人はグローブの手のひら部分にボールを当てて勢いを殺し、そのボールを素早く送球する手でつかみます。

そのまま、ステップを踏んで送球となるわけですが、言葉で説明すると結構簡単なように聞こえるのかもしれませんがいろいろ注意する箇所はあります。

そこが野球の難しいところなのですが、まずはじめに手のひら部分にボールを当てる際も上手に行ってあげないとボールの勢いを殺すどころか逆にはじいてしまう恐れがあります。

なので、手のひらに当てる際には軽くでいいですが、ボールに対して押し出すのではなく少し引くという事を意識すると出来るようになりますが、あまり引きことを意識するとまた違う動作になりますので注して下さい。

そのまま、送球する側の手に持ちかえますので日頃からすぐに送球に入れるようにボールをつかむ練習をすることが大切です。

せっかく上手くボールを手のひらに当てる事が出来てもボールをしっかり握る事が出来ないと送球が出来なくなり結果意味が無くなるなんてことがありますので中止して下さい。

上達を目指すのなら、自分で練習が出来ますので自宅の壁などを利用してその帰ってきたボールを当て捕りしてみる練習を繰り返すようにして、更には連続で送球までの動作をつけて行うとより実践的で上達も早いかと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!