野球の守備を上達させるのに、一人でもできる簡単な練習が、壁当て練習です。
これは、野球をやったことのある人ならば、みなさんやったことがあるだろうと思いますが、やりかた次第では、飛躍的に守備の技術を上げることができます。

1.野球の守備に役立つ壁当ての方法

では、早速壁当ての方法を説明していきますが、まず当てる壁ですが、比較的的が広い平らな壁を選びましょう。

ボールが素直に跳ね返ってくる壁を選びます。

広い場所であれば、ちょうどピッチャーとキャッチャーの距離ほどの場所に離れ、目標になる目印などを決めます。

そして、最初はボールを投げて跳ね返ってくるボールが、真ん中に来るようにします。

このボールはあまり速いボールを投げてはいけません。

速すぎると自分の捕球姿勢に入る時間がありません。

そのボールを、真っすぐ直線的に向かって大股で歩いていき、捕球します。

歩きながらそのまま捕球するイメージです。

そうしたら、そのままボールを軽く壁に向けて投げます

少し後ろにさがり先ほどと同じ動作を繰り返します。

この練習を約20本ほど続けます。

そして今度は、投げた球が自分の左側に飛んでくるように壁にぶつけます

十分捕球体制がとれる程度のボールの速さで投げ、これもまた、直線的に進みなが捕球し、先ほどと同じように投げます。

スポンサーリンク


決して早くやる必要はありません。

壁当ての練習では、しっかりとした基本姿勢を身につけることが重要となるからです。

同じように20本繰り返したら、今度は体の右側に来るように投げますが、このとき重要なのが、ボールをとるときに、右足を前に軸足を前にして捕球するということです。

これはやってみると大変に難しいものですが、軸足を前にして捕球すれば、次に送球するのにワンステップで投げることができます。

これはかなり時間を短縮させることができます。

最初はゆっくりとした動作で行い、慣れてきたら、スピードをあげていく練習を続けていけば、自然と身についていきます。

これも同様に20本続けます。3つの練習とも、送球するときは、横から投げたり下から投げたり、色々試してみましょう。

2.壁当ての魅力

これらの練習は実践の練習というよりも、守備の基本の動作を確認して楽しみながら行いましょう。

色々な場面をイメージしながら、楽しんで練習しましょう。

ひとりで楽しく練習ができて、基本動作が身についてくれますので、ぜひお薦めしたい練習です。

私も子供の頃は暗くなるまで、壁当てをやり続けていたものです。

あなたも、これを続ければ、野球の守備の技術は格段に上達してきます。

この基本動作を習得して、全体練習のときにはみんなを驚かせてやりましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!