野球にはどんなプレイにもセオリーがあり、もちろん守備にもセオリーがあります。

守備のセオリーと言われてもピンとこない方が多いと思います。

そこで守備のセオリーを紹介していくので上達を目指しましょう。

1セオリーとは

セオリーには「理論、学説、持論」という意味があります。

野球におけるセオリーとはその状況において最適なプレーがセオリーなのだと私は思います。

守備におけるセオリーは簡単です。

それはどんな状況でも捕らなくてはならないということです。

守備はボールを捕球することから始まるので捕球が守備の一番大事なセオリーだと私は考えます。

捕球してからももちろん大事ですが、捕球が一番大事だと思います。

2野球の守備のセオリー①「捕球」

守備において捕球は絶対です。

捕球に大事なことはボールをしっかり見ることです。

正確にはボールの下側を見るということです。

ボールの下側を見るためには腰を落とさなくてはなりません。

腰を落とすことが捕球率を高める第一歩です。 

腰を落としてボールの下側をしっかり見ることで大抵のゴロは処理できます。

捕球時にも大事なことがあります。

グラブの型にもよりますが基本はしっかりと掴むことを意識しましょう。

スポンサーリンク


上級者になると「あてどり」という型があり、文字通りあてるだけで捕る方法もあります。

3野球の守備のセオリー②「送球」

ボールを捕ったら次は送球という動作に入ります。

送球時のセオリーは高いボールを投げないことです。

人間には限界がありジャンプをしても届かないボールは絶対に届きません。

逆にショートバウンドをしても低いボールなら相手は止めることができます。

送球は絶対に低いボールを投げることが送球時のセオリーです。

4野球の守備のセオリー③「足運び」

ボールを捕る前に必ずボールに足を運びます。

その足運びのセオリーは小股で走ることです。

ベストな位置で捕球するためにも足鉾日はとても重要です。

大股で走って行って最後に歩幅が合わなくなる選手が多くいます。

小股で走って初めの方から歩幅を合わせていくとほとんど歩幅が合わないということが無いでしょう。

足運びが上手くいくことで捕球率を上げることにもつながります。

いかがでしたでしょうか?

野球の守備1つをとっても様々なセオリーがあり、人によっても意見が分かれるほどセオリーとは難しいものです。

ぜひこのセオリーを頭に入れて上達を目指して練習してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!