野球の守備で、飛び込みながら捕球するという動作は、恐怖心もあり、非常に勇気のいるものです。

しかし、それを成功させれば、みんなの注目の的になることができるのです。

1.野球の守備における内野手の飛び込みのやり方

まず内野手の場合ですが、体の左側に飛んできたゴロのボールに対して、飛び込みをする場合は、さほど難しくはないでしょう。

飛び込んでうまく捕球できたら、そのまま立ち上がって送球すればいいのですが、難しいのは、体の右側に飛んできたゴロのボールに飛び込む場合です。

体の右側に飛んできたボールは、当然クロスハンドで捕球することになりますが、飛び込んでボールを捕球した後、できるだけ前方方向に回転するとよいでしょう。

そして立ち上がり送球するか、座ったまま送球します。

それはちょうど、体操の前転をする動作に似ていて、その回転の勢いを利用して投げることができます。

他のスポーツの動作でも、野球の上達に役に立つことがあるのです。

どうしても回転する余裕がないボールには、しょうがないのですが、なるべく前方に回転して投げやすい姿勢で送球します。

2.外野手の飛び込みの使い方

外野手の飛び込みも基本的には内野手と同じですが、外野手の場合、後ろに後逸してしまうと、即失点につながってしまうので、自信がないかぎり、あまり飛び込みはしないほうがよいでしょう。

スポンサーリンク


なるべくランナーがいない時や、ツーアウトの状態で、後逸してもそれほど影響がない時に行うべきです。

また、外野手の場合はフェンスなどにぶつかってしまう危険もあるため、なるべくなら飛び込みはしないほうがよいです。

飛び込みについて説明しましたが、飛び込まないでもいかに広い守備範囲をもってプレーできるかは、非常に重要になってきます。

飛び込まないで捕球できれば、その分時間のロスを防ぐことができますし、体に怪我をする危険性も減ります。

選手はそのためにも、ダッシュ力を強化し、なるべく大きい歩幅で走れるように、訓練しなければなりません。

その上で、どうしても届かなそうなボールが来た時にだけ、飛び込み、そして前方回転することをお薦めします。

それにはやはり練習の段階で、捕ることのできる範囲はどれくらいなのかを、しっかり把握しておくことが必要になってきます。

飛び込んで捕球するのは、見ているほうからすれば、華麗でかっこいいもので、野球の守備の醍醐味でもあります。

前転の練習は、グラウンド以外でも練習することができますので、できるだけ柔らかいマットの上などで練習すれば、飛び込んで捕る技術が上達していきます。

がんばりましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!