野球の守備でのカットプレーは、それをスムーズの行い、内野手が連携することで、ランナーをアウトにすることができるため、日ごろから様々な場面を想定して、何度も練習することが必要になってきます。

1.野球の守備のカットプレーのやり方

まず外野の守備の間を抜けたボールの場合、外野手は急いでボールに追いつき、なるべく早く内野手にボールを渡します。

ここで内野手ができるかぎり、外野の近くまでいきボールを受けることが、カットプレーのコツともいえます。

外野手は急いでいるために、しっかり態勢を立て直して投げる余裕がありません。

そのとき内野手は、自分が投げたいベースと、外野手が投げて来るボールが一直線になるような場所に構えます。

そうすることで、最短距離でボールを運ぶことができます。

そのときに大事なのが、外野手に正対してボールを捕らずに、半身になってボールを受けることです。

そして、決して外野手のボールを手を伸ばして捕りに行こうとせずに、腕は曲げたままで捕りましょう。

また、ボールを捕る時には、軸足を投げる方向に踏み込みながら、捕球しましょう。

それによって、そのままノーステップで、目的のベースに、ボールを投げることができますので、時間が大幅にロスされます。

また外野にフライが上がり、サードにランナーがいてタッチアップしてくる場面では、内野手は捕球する外野手の肩の強さを考えて、やはり線上に入りボールを待ちますが、この時は、うまくワンバウンドでキャッチャーのミットに収まるようでしたら、カットしないのを自分で判断するか、キャッチャーに指示を出してもらわなければなりません。

スポンサーリンク


この指示を出してもらうということは、野球のカットプレーを上達させるには重要になります。

2.カットプレーでのショートとセカンドの動き方

カットプレーでは、内野手は主にショートとセカンドが、中継に入ることになります。

例えば、ショートはランナーなしで左中間に打球が転がった場合、セカンドに投げるためにカットプレーをしなければいけません。

セカンドは、例えばランナー一塁でライト線に打球が転がった場合、サードに投げるために、カットプレーをしなければなりません。

またランナー一塁で、右中間にボールが飛んだ場合は、ショート、セカンド一人だけではなく、両方ともカットに入って三塁に送球する場合もありますので、ショート、セカンドは常にランナーの動きを見ながら、正確な場所にカットに入れるようにしなければなりません。

外野からのボールを捕球した後でも、もし本塁が間に合わなくて、他に走っているランナーがいれば、そちらに投げる場合もありますので、常に気を抜いてはいけません。

野球の守備のカットプレーでは、いかに素早く状況判断をして、目標へ向かって一直線に入れるかが重要になりますので、普段の練習で、実際のカットプレーのように、できるだけ一直線になって送球することができるように上達させておきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!