野球において守備の「バックアップ」は、野手全員が、常に心掛けていなくてはならないことです。

野球の試合では、一つのプレーに関連して、ほとんどの場合選手の誰かしらが、「バックアップ」に入ることになるからです。

1.野球の守備のバックアップのやり方

野球の試合では、内野手はバッターが打って、ランナーが走ってくる近くのベースが空いている時に、バックアップをするように心掛けます。

例えばワンアウトランナー二塁で、サードに弱いゴロが飛んだ場合、ファーストに送球している間に、ランナーはサードに走ってくるかもしれません。

その時に、サードが戻って間に合えばいいのですが、間に合わない場合には、ショートがサードベースへバックアップに入らなければなりません。

もしその時に二三塁間でランナーが挟まれた場合は、今度はセカンドがセカンドベースへ「バックアップ」に走らないといけません。

当然ピッチャーも、一塁手へのぼてぼてのゴロなどで、ファーストベースが空いてしまう場合には、バックアップに入りますし、また、ランナー三塁で、キャッチャーが後逸してしまった場合は、ピッチャーがホームベースに入ります。

その際ピッチャーがランナーにタッチをするやり方は、やや体をランナーの方へ向けてボールを捕り、なるべく真上から素早く振り下ろすのが上達のコツです。

スポンサーリンク


そうすることで、ボールの入っているグローブが流れる、いわゆる追いタッチになることを防いでくれます。

キャッチャーはセカンドゴロで、ファーストにボールを投げる場合には、ボールがそれても大丈夫なように、ファーストベースの後ろにバックアップに走ります。

内野手は、ピッチャーがボールを投げる前に、これから起こる様々な状況を想定しましょう。

2.外野手のバックアップのやり方

外野手も内野手と同じように、瞬時にバックアップできるように、シミュレーションしておかなくてはなりません。

内野にゴロが飛んだ場合は、いつでもバックアップを心掛けます。

またランナーが盗塁して、キャッチャーが送球してくる際には、それぞれ適切な守備位置にバックアップに入ります。

状況によっては、外野手がベースまで走っていって、バックアップすることも考えられますので、気を抜かないようにしましょう。

バックアップする選手は、常にボールがそれて自分のほうに飛んでくる、と思っていなくてはならないのです。

せっかくバックアップに行っても、自分もボールを逸らしてしまったら意味がありませんので、決して気を抜かないようにしましょう。

集中して気を抜かないことこそが、「バックアップ」上達のためのヒントです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク