野球の守備をしていて、打球の捕球を行いそこからの動作で最高のスローイングを行えるようにステップを踏みます。

1.ステップの必要性

野球の守備をしていて、自分の所にボールが飛んできてしっかりと動くことが出来ました。

そして、腰を落としてボールをグローブの中におさめて、素早くボールを投げる方の手へ移し替えそのボールを送球できるように握ります。

そこまで、しっかり行えるようになったと思いますが、ここでの話はボールを捕球した後にグローブからスローイングを行う手へ移し替えるのと同じ時に、下半身はステップを踏みしっかりとした送球が全身を使って行えるようにします。

このように、下半身と上半身を連動させて体を安定させることで全身を使ったしっかりとした送球が出来るようになります。

このすべての流れがスムーズに行えることによって、投げようとする相手に最高の送球を行えるようになりますが、この動作を素早く行えるかどうかが野球人としての守備力の上達の鍵になります。

2.クロスステップのやり方

クロスステップとは、ボールを捕球した後の動作になりますので、そこからの動きの説明を行うようにします。

スポンサーリンク


まずは、捕球する体制からですが右投げの方で説明をしたいと思いますので、左投げの方は右と左を逆で考えて下さい。

ボールを捕球する際は右足から左足を少し大きめに開いて足を降ろしながら、グローブを下からボールのバウンドに合わせて捕球します。

その後に、ボールの入ったグローブを右肩の方に動かしながら右手へボールを握り替えます。

この時の動作に、クロスステップを踏むようになるのですが、右足を左足の前で交差するように投げる方向に対して側面を出すようにします。

次に、左足のつま先を投げる方向にしっかりと向けて踏み出すようにします。

この上記のようにクロスステップの動きを素早く行う事で、ボールを捕ってからのスピードが上がり、打者の人や走者の人をアウトにするための送球時間に余裕が出来るわけです。

この時間に余裕が出来ると、暴投をする回数も減ってくると思いますので、このボールを捕ってからのスピードの強化を行うようにして下さい。

守備が上達するポイントとしては、この項目は練習をすればするほど誰でも出来るようになりますし、誰でも上達は出来ますので、地味な作業で結果としては試合などでないと分かりにくいですが、必ず成果は表れてきますので下半身と上半身の動きの連動とその動きの素早さを磨いて下さい。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!