野球の守備をしている際、ボールの来るところに捕球する人の後方に位置して、その人がミスをした時に最低限の傷として抑えるために必要な動きです。

1.カバー

野球の動きを聞かれた時に、知らない人が良く口にすることは、「野球はボールが来ないと守備をしている時は暇だよね」という人がいるが、そんなことはないです。

バッターが打った打球に対してボールを捕る人、その捕る人をカバーする人、ボールを捕った後にそのボールを返球してもらう人などそれぞれ、いろいろな動きをします。

打った打球でなくてもピッチャーが投げたボールをキャッチャーが返球する際に1球1球、ピッチャーのカバーをしにセカンドを守っている人と、ショートを守っている人はカバーに行くようにしていると思いますし、その後ろのセンターを守っている人も準備はしていると思います。

このように、カバーは1回ボールがピッチャーの手の中で静止している時以外は、守備している人は何かしら動いているのです。

このカバーを行う時に思ってはいけない事があります。

それは、カバーしてもきちんとやるから走り損だよと思う事です。

この気持ちを持ってカバーを行うと、急な時に反応が出来なくなり動けなくなります。

もちろん、カバーの必要のない事をやることが最高の試合です。

カバーがいらないチームというのは強いチームでしょうが、カバーは最初にも記した通り、傷口を浅くするために必要なのです。

スポンサーリンク


つまり、上達するチームというのはミスをしないようにではなくて、もしミスをしてしまったときにそのミスを大きなものにしないようにカバーを行っています。

2.カバー位置について

ここでは、具体的にカバーをどのようにして行うのかを話したいと思います。

ランナーなしで内野(サード)にゴロが転がったとします。

もちろん、三塁手はゴロを処理するためにボールへ行きます、そして、一塁手は送球がくることを想定してベースへ入ります。

二塁手は一塁への送球が悪送球になった場合を考え、カバーリングを行い、同じようにライトの選手もカバーをします。

この時に注意が必要なのは、レフトまでボールが行ってしまうとセカンドベースでボールを受け取るのは二塁手になりますので、その判断は必要とされます。

ショートの選手は三塁手がミスをした時のために、後方でカバーしてその後ろをレフトがカバーするようになります。

このように、一つのプレーでいろいろな人が動きます。

基本的には、キャッチャーからセンターラインの右か左かで動きがボールを追いかける人とベースカバーに移動する人で分かれます。

もちろん、チームによって動き方が違うところもありますし、ランナーがいて送球する方向でカバーも変わってきます。

なので、練習中の動きをしっかりと覚える事と、上達していくための一歩としては、何より次の動きを考えておくことが必要になりますので日頃からのケース練習をしておく必要があると思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!