捕球のコツを掴むだけで、守備力の向上、野球レベルの向上は望めるようになりますのでここでのお話を確認して、自分の動きがこのようになっているかを確認してみて下さい。

1.捕球動作

守備をして捕球を行う際に怖いという感じを抱いてしまう方や、向かってくるボールに対して反発させるような手の動きをしてしまう方は多いのではないかと思います。

ボールに対して恐怖を感じている方は、グローブでボールを捕りに行っている人に多いように感じます。

「グローブでボールを捕りにいっている人が多い」なぜ、グローブで捕りにいってはダメなのかというと、皆さんがイメージしたものとは少し違うのですが、ボールを捕球する際に注意するポイントして手のひらでボールを捕ります。

つまり、グローブだけで捕っている方はどうなっているかというと、恐らくですが手のひらは上を向いていたりしてボールに対して手のひら全体を向けているような捕り方にはなっていないのではないかと思います。

また、反発させるような手の動きというのも、向かってきている方向に対して押し出すようにしてボールを捕球しようとするイメージです。
 
どちらも、とても上手には見えませんので、次に記載する注意点を確認してみてください。

2.捕球時の注意点

グローブは立てて捕球する事が基本となります。

スポンサーリンク


先ほど手のひらで捕るように説明しましたが、グローブはしていますが同じように使いますので手のひらでボールを捕球しようとした時のグローブは恐らく立っていると思います。

その状態で、捕球していくように心がける事でボールがグローブに入った後に飛び出る可能性が少なくなります。

ボールが捕球した時にグローブから飛び出ている人については捕球している時の手のひらの向き(グローブの向き)を確認してみて下さい。

おそらくですが、先ほど言ったようにグローブ自体が寝ている可能性が高いので注意して下さい。

次の注意点としては目線です。

膝を屈伸させて目線を低くします。

野球を行う上で、姿勢を低く保つことは非常に必要な事ですが、この捕球姿勢は出来るだけボールと同じくらいの目線になるとより上達し、捕球しやすくなります。

そして、ボールを捕球する時にグローブを押し出すのではなく、向かってくるボールを自分のところに来た時にそのボールを掴むというイメージでいるといいと思います。

ここまでの、注意点を実施して行い今後捕球動作に取り組むことで基本的な動き自体は大丈夫だと思います。

ここからは、バラバラになっている動きをひとつひとつ繋ぎ合わせていく事でリズムよく動いていきより野球レベルの上達を目指していけると思います。

そうすることで、守備力の上達はしていきますので、動きをバラバラに考えずに流れで行えるようにして下さい。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!