野球にはバントシフトという守備陣形があります。

バントシフトは色々な種類があり、ケースに応じて対応していくことが上達のカギとなります。

そこで、ケースに応じたバントシフトの取り方やその上達方法をご紹介していきたいと思います。

1バントシフトとは

野球で,バントに備えて敷く守備陣形のことを指します。

特に0アウトの場合はバントをしてランナーを送ろうとするチームが多いと思います。

また、チームによってはバントを全くしないというチームもあると思いますので、相手チームに合わせていくことが大切になります。

一般的にバントシフトを敷く場合にはランナーをアウトにすることが大前提です。

バントシフトを敷いているのにランナーをアウトにできない場合は失敗と言ってもいいでしょう。

バントシフトを敷く場合はランナーをアウトにできるようにランナーの足の速さや、スタートの良さなどを頭に入れておく必要があります。

2ケースに応じてのバントシフト(ランナー1塁)

ランナー1塁の場合のバントシフトの考え方は、ピッチャーの投球と同時にサードとファーストが前にダッシュして2塁でアウトにします。

サード、ファーストは若干、前めに守り、バントへの対応を素早くし、セカンドは1塁ベース寄りに守ってベースカバーに遅れないようにします。

ピッチャーは速いボールを投げて強いバントをさせると2塁でアウトにしやすくなります。

ファーストは牽制もあるのでサードよりは前に出にくいのでピッチャーはマウンドを1塁側に降りるようにしましょう。

スポンサーリンク


ここで、怖いのはプッシュバントをされてしまった場合です。

ファースト側にプッシュバントをされてしまった場合はセカンドが取りに行って、ピッチャーがベースカバーに入るようにしましょう。

サード側にされてしまった場合は相手が一枚上手なのでしょうがないです。

3ケースに応じてのバントシフト(ランナー2塁)

ランナー2塁の場合のバントシフトの考え方は、ピッチャーの投球と同時にファーストが前にダッシュして3塁でアウトにします。

3塁側に強いバントが転がる場合はサードが処理に行きます。

ですが、サードがバント処理をすると3塁ベースが空いてしまうため、基本はピッチャーとファーストがバント処理を行います。

ファーストはピッチャーマウンドの半分くらいまでは処理に行きましょう。

ピッチャーはサード寄りにダッシュします。

サードがバント処理をした場合はピッチャーかショートが3塁ベースカバーに回るようにします。

ファーストは基本的に前めに守り、プレッシャーをかけるようにしましょう。

ここで大事になってくるのは、ショートのランナーのマークです。

2塁ランナーのリードを大きいとセーフになってしまう可能性が高くなるので、いいスタートを切らせないようにするためにもしっかりマークしましょう。

いかがでしたでしょうか?

野球のバントシフトは意外と単純で頭で理解すれば体もついてくるようになります。

是非参考にして上達を目指してください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!