野球の守備はどこのポジションンも素早さが必要です。

そのため、守備は打球が飛んできたら素早く前に出て捕球することが求められます。

前に出ることをチャージといいます。

野球の守備が上達するチャージの方法を紹介すします。

2.チャージとは

野球の守備はランナーがベースへ到着する前にベースにボールを送るか、ランナーにボールを持った状態でタッチをするかしなければアウトにすることはできません。

アウトになるかセーフかは0.1秒の世界です。

そのため、打球が飛んできたらチャージをして少しでも時間を短縮させます。

内野手と外野手ではチャージの仕方が異なります。

それぞれの違いや方法を紹介していきます。

2.内野手のチャージ

内野手はゴロの打球が飛んできた時に前に出ますが、闇雲に前にでてはいけません。

前に出ながら打球のバウンドを合わせなければ捕球ができないのでチャージの強弱が必要になります。

打球が飛んできたらまず前に出て、ボテボテの遅い打球は内野安打になってしまうので全力で前に出ますが、それ以外はバウンドを合わせながら前に出るのを強めたり弱めたりしていきます。

この時のポイントは小股で機敏に動くことです。

プロ野球の二遊間の動きをみると参考になります。

スポンサーリンク


プロ選手は小股で素早い動きができています。

練習方法はノックで高いバウンドの打球を打ってもらい常にショートバウンドで捕ります。

ショートバウンドで合わせて捕るにはチャージの強弱が求められます。

闇雲に前に出ていてはショートバウンドで捕ることができません。

内野手のチャージの強弱を付ける練習になります。

3.外野手のチャージ

外野手は内野手と比べると時間的余裕があり、チャージする距離が長いので小股の必要がありません。

内野手と違って最初のチャージは普段のダッシュの感覚でボールを捕る直前にチャージを弱める方法です。

外野手はチャージの距離が長いので最初のダッシュが重要になります。

しかし、前に出る打球なのか、後ろに下がる打球なのかを判断するのが難点です。

この判断が素早くできないと強いチャージができません。

前に強いチャージをかけても実際は後ろに下がる打球だった場合に長打になってしまいます。

外野手のチャージの練習方法はノックで前に出るのか後ろに下がるのか早い段階で判断します。

最初は間違えても構いませんので、打球判断の勘を養い強いチャージができるようにしましょう。

野球の守備でチャージはポジションによって異なりますが、練習を積んでいけば必ず上達できるでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!