野球では、キャッチャーがサインを出す際、気をつけなければならないのが、相手の選手に、そのサインを盗まれてしまうという事です。

しかしこれは、プロ野球の世界でもないかぎり、めったにあることではありませんが、キャッチャーは注意が必要です。

1.野球のキャッチャーのサインの出し方

まずキャッチャ―は、相手のベンチやランナーコーチから、サインを盗まれないようにしなければなりません。

そのため、ミットを持っている手を、左膝の上で広げて、サードコーチャーや相手ベンチに手の動きがわからないようにします。

そして、サインを出す手は、やや右寄りに出してファーストコーチャーにも見られないようにします。

また、足をあまり広げてサインを出すと、ランナーに、サインが盗まれてしまうこともあるので、足幅を広げてサインを出すのはよくありません。

ピッチャーの配球には、一般的には手の動きだけでサインを出しますが、そのほか内野手には、ピッチャーが牽制球を投げる時などに、上半身を使ってサインを出すこともありますし、内野手はそのサインを外野手に伝えることもあります。

サインプレーの上達したキャッチャーは、牽制球をする時に、難しいブロックサインなどで送ったりもします。

スポンサーリンク


ブロックサインとは、上半身の一部分にキーとなるポジションを決めておいて、その場所の次に触った場所が、メインのサインとなるといった具合です。

キャッチャーは、アウトカウントや、得点の状況など色々な条件を考えて、サインを出さなければいけませんので、常に頭にアンテナをはりめぐらせておかなくてはなりません。

2.具体的な方法

少年野球の試合でしたら内角、外角のボールを要求するのに、キャッチャーは手を左右に動かして区別すればいいと思いますが、それ以上のレベルになると、もう少し複雑なものにする必要があります。

例えば、最初に出す指がコースを示すサインで、指一本出したらアウトコース、二本でインコース、次に出す指が球種を示すサインで、指一本でストレート、二本でカーブなど、やり方は様々あります。

野球の試合でサインミスをすると、キャッチャーが捕球することが大変難しく、下手をすると、怪我をしてしまうこともありますので、ピッチャーとキャッチャーは、よく話し合って間違いのないように、決めておかなくてはなりません。

野球では、サインをあまり複雑なものにすると、サインを出す事や理解する事に気持ちが動いてしまい、プレー上達の妨げになってしまうこともありますので、できるだけシンプルなものにするとよいでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

名捕手への圧倒的近道!!
このプログラムは元千葉ロッテ正捕手の定詰氏 が教えるキャッチャー育成のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、ミスをしない試合に勝てるキャッチャーになれます!!

しかも今なら180日間の返金保証もついているので、安心して購入できます!!