野球のキャッチャーのスローイングについは、盗塁だけではなく、牽制球として、ファースト、セカンド、サードへと、三か所に投げなくてはなりませんが、基本的な送球の仕方はすべて同じです。

いずれにしても、決して山なりのボールにならないように、日頃から、できるだけ低いボールを投げるように練習しなくてはいけません。

野球の試合では、セカンドベースに投げる時には、ピッチャーの頭のすぐ上あたりの高さで、ライナーで投げます。

1.正しい野球のキャッチャーのスローイングのやり方

最初の内は、セカンドまで届かなくてもいいので、ピッチャーの頭の上ぎりぎりをねらってセカンドに送球します。

ワンバウンドでも構いません。

それよりも、山なりのボールになってしまったほうが、セカンドベースに到達する時間が遅くなってしまいます。

ピッチャーの投げたボールを捕ったら、ミットを右の肩の横あたりに持ってきて、右手に移し替えます。

その時に、ピッチャーがストレートボールを投げるように、ボールの縫い目二本に指を直角にかけるように握ります。

そして、その位置から肘の高さを変えずに、送球します。

この一連の動作を繰り返し練習してください。

スポンサーリンク


このとき、決して肘を高く上げ過ぎてはいけません。肘を高く上げようとすると、上体を傾けなければならないため、コントロールが安定しません。

肘を上げる代わりに、肩の力を抜いて、後ろへ突き出すようにして投げると、コントロールよく投げられるように上達していきますので、意識してみてください。

2.スローイングのポイント

キャッチャーのスローイングのポイントは、ピッチャーの投げたボールを捕った姿勢と、ほぼ同じ形の態勢で投げます。

野球の試合では、態勢を立て直している余裕はありませんので、キャッチャーも、サイドスローでも投げられるようにしておかなくてはいけません。

特にファーストランナーに牽制球を投げる時には、サイドスローで投げると気づかれにくいので、うまくアウトにすることができます。

ステップする足は投げるベースに向かって、真っすぐよりもやや外側に踏み出して投げます。

これが真っすぐに踏み出したり、クロスステップすると、体重がうまく乗らずに、腰を切ることができませんので、いわゆる手投げになってしまいます。

特にファーストやサードベースに投げる場合は、アウトステップして、サイドスローで投げると、より早く送球することができますので、スローイングが上達しますので、試してみてください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

名捕手への圧倒的近道!!
このプログラムは元千葉ロッテ正捕手の定詰氏 が教えるキャッチャー育成のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、ミスをしない試合に勝てるキャッチャーになれます!!

しかも今なら180日間の返金保証もついているので、安心して購入できます!!