キャッチャーは、選手のなかで一番怪我をしやすいポジションです。

腰痛はもちろん、クロスプレーの時の打撲、又はピッチャーの投げるボールに当たることもあります。

ではその怪我を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか

1.野球のキャッチャー向けのストレッチング

野球のキャッチャーの怪我を未然に防ぐには、やはりストレッチングがお薦めですが、キャッチャーは、ゲーム中座っている状態がかなり長く、腰に非常に負担がかかりますので、練習前に十分に腰、また背中の筋肉を伸ばしておくことが重要になってきます。

ストレッチの方法ですが、まず立ったまま前屈をします。

この時に、腕をなるべく遠くのほうに持っていくようにします。

そうすると、腰や背中がよく伸びますので、両手が簡単に地面に届く人は、腕を遠くに持っていって、両手が地面に付かなくても構いませんので、十分にストレッチしてください。

今度は仰向けになって、伸ばした足を頭の上に持っていきます。

この時は、できるだけ足を頭の上のほうに持っていくようにします。

地面に届かなくてもいいので、できるだけ遠くに持っていって、十分に腰と背中を伸ばしましょう。

今度は、お相撲さんのように、立った姿勢から足を広げ、四股を踏むように腰を下ろします。

スポンサーリンク


そして十分にお尻を下ろして、腰回りの筋肉を伸ばしてあげます。

そのままスクワットするように、立ったり座ったりするのも効果的でしょう。

この3つのストレッチングは、とても重要なものですので、試合の後にも行うことが大切になってきます。

そのほかキャッチャーは、ピッチャー以上にボールを投げますので、肩回りの筋肉を、反対側の手で十分伸ばしてあげましょう。

練習前後だけではなく、練習中でも、体が硬くならないように、ストレッチをすることがお薦めです。

少しでも張りなどを感じた場合は、どこでもすぐに筋肉を伸ばしましょう。

2.練習後のストレッチ

練習の後も、当然ストレッチングをしたほうがいいのですが、寒い時などにはシャワーを浴びるなどして、体を温めてからストレッチをしたほうがいいでしょう。

体を温めることで、筋肉がほぐれますので、その効果は何倍にもなります。

腰や背中に張りや痛みがあると、野球の上達の妨げにもなりますし、いいプレーなどできるはずがありませんので、特にキャッチャーは入念にストレッチングを行ってください。

柔軟な体は、野球上達のために必要な事ですので、毎日行ってください。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

名捕手への圧倒的近道!!
このプログラムは元千葉ロッテ正捕手の定詰氏 が教えるキャッチャー育成のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、ミスをしない試合に勝てるキャッチャーになれます!!

しかも今なら180日間の返金保証もついているので、安心して購入できます!!