キャッチャーは、相手の打者を分析するだけでなく、ルールについても、しっかりと把握していなくてはいけません。

野球のキャッチャーに関するルールには様々なものがあります。

1.野球のキャッチャーに関するルール

キャッチャーは、相手バッターと一番近い場所にいるために、守備妨害や打撃妨害になってしまうなど、ルールと関係するケースが多くあります。

よくあるケースが、ピッチャーの投げたボールを、捕ろうとして出したミットに、バッターの振ったバットが当たってしまい、打撃妨害を取られてしまうものです。

そのため、ピッチャーのボールを受ける時には、ミットをはめた手をあまり前に出し過ぎないようにすることです。

これは、キャッチングの上達にとっても大切な動きで、なるべく自分の体に引き付けて、体に近い場所で捕るようにしましょう。

この打撃妨害があった際、バッターは一塁に進むことができます。

満塁の時には、得点を許すことになりますので、特に注意が必要です。

また、ミットを前に出してキャッチングをする人は、どうしてもミットが下に落ちやすいため、審判に低めのストライクのボールを、ボールと判断されてしまうこともあります。

スポンサーリンク


反対に守備妨害になるケースが、例えばキャッチャーが各塁に送球する際に、バッターがバランスを崩して、バッターボックスから飛び出てしまい、その体がキャッチャーの送球の妨げになった場合は、そのバッターがアウトになり、ランナーは元の塁に戻されます。

しかしバッターが通常のスウィングをした際、そのバットにキャッチャーがボールを当ててしまった時は、そのままプレー続行となりますので、気を付けてスローイングしましょう。

また、キャッチャーが注意しなければならないのが敬遠の時です。

ピッチャーの手からボールが離れる前に、キャッチャーズボックスの外に両足共出てしまうと、ボークを取られて失点を許してしまいますので、あわててはずさないようにしましょう。

キャッチャーのルールで一番問題となるのは、本塁でのクロスプレーの場面です。

ランナーが故意にキャッチャーにタックルをする行為や、反対にキャッチャーがランナーに故意にタックルすることは禁止されています。

危険ですので絶対にやってはいけません。

2.ルールをうまく利用する

このように、キャッチャー関連のルールには様々なものがありますが、野球のルールをしっかり熟知していれば、野球のプレーにおいて上達したり、プラスになる面がたくさんあります。

ルールをうまく利用して、勝利に結びつけましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

名捕手への圧倒的近道!!
このプログラムは元千葉ロッテ正捕手の定詰氏 が教えるキャッチャー育成のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、ミスをしない試合に勝てるキャッチャーになれます!!

しかも今なら180日間の返金保証もついているので、安心して購入できます!!