野球でキャッチャーをする選手というのは体が大きくて動きが良くないというイメージがあるかもしれません。

しかし、今やキャッチャーもスピードが求められています。

そのスピードを持ったキャッチャーになるには足をしっかりと使えなければなりません。

ここでは「野球が上達するためのキャッチャーの足の重要性」を考えます。

1.スローイングは足でするもの

野球の九つのポジションの中で一つだけ反対方向を向いて座っているポジションがキャッチャーです。

キャッチャーは常に立ったり、座ったりと最も動きの多いポジションにでもあります。

そのキャッチャーで最も大切なことはフットワーク、つまり足の使い方が鍵を握っているのです。

ここではキャッチャーの足の使い方が鍵を握るスローイングを中心に考えていきます。

キャッチャーの投げる送球には盗塁だけではなくバント処理や牽制などの送球がありますが、この送球で一番大切なのはスローイングの正確さです。

現役時代、ID野球の申し子とまで言われた古田敦也選手はキャッチャーのスローイングで大切な優先順位を正確さ、強さ、速さということを語られています。

したがって正確なスローイングをするのに必要なものが何かを理解しておかなければなりません。

2.下半身を中心として動き

遠投で100m近く投げる肩の強さ持っていてもキャッチャーとして確実に盗塁や牽制でランナーをアウトにできるかは別の話になります。

肩が強くても正確に、強く、速いボールが投げられなければランナーをアウトにすることはできません。

スポンサーリンク


反対に肩が多少弱くても、正確に、強く、速いボールが投げられればアウトにできる確率は上がります。

そのような安定してスローイングをするには何よりも足の使い方がポイントになります。

肩はいいけどなかなかアウトにできないと言う場合はほとんどがこの足の使い方に問題があります。

3.下半身に連動して上半身がついてくる

キャッチャーのスローイングは0コンマ何秒という差で勝負が決まります。

したがって、如何に素早く送球できるかがポイントになります。

速く送球しようと思えば腕や手の動きを速くすることを考えますが、実は足の動きを速くすることで自然と腕や手の動きは速くなるのです。

そのためには足の使い方を正しく使って無駄な動きをなくすことです。

無駄な動きがなくなり、腕や手を素早く使えるようになるとボールに力のこもった強いボールが投げられるようになります。

したがって下半身の強さ、足の使い方が速く、強いボールを投げる土台となるのです。

この土台をしっかり身につけることでスローイングの正確さが上がっていくのです。

キャッチャーは肩の強さを強調されますが、下半身、足の使い方が正しくないといいスローイングはできません。

またキャッチングにおいても足の運び方を間違うとボールを後ろにそらすことも多くなります。

キャッチャーとして上達していくためには下半身を鍛え、足の使い方を正しく覚えることです。

足の使い方を覚えることでキャッチャーとしての上達は早くなります。

キャッチャーはフットワーク、足が命であることをよく理解しておくことが大事になります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

名捕手への圧倒的近道!!
このプログラムは元千葉ロッテ正捕手の定詰氏 が教えるキャッチャー育成のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、ミスをしない試合に勝てるキャッチャーになれます!!

しかも今なら180日間の返金保証もついているので、安心して購入できます!!