野球のキャッチャーは、選手の中で一番大変なポジションと言われています。

暑い夏の日でも、汗をかきながら、キャッチャーマスクとプロテクター、レガースを身に着けている重い体で、動き回らなくてはいけないですし、相手のランナーや打ったボールがぶつかってしまう危険性もあるからです。

しかしそれと同時にキャッチャーは、一番魅力のあるポジションでもあるのです。

2. キャッチャーは大変なポジション

魅力のいっぱいあるキャッチャーですが、その反面、たくさん道具を身に付けて、ファーストへのカバーにも走らなければなりませんし、常に座ったままでいなければならないなど、とても厳しく、体力のいるポジションです。

またバッターの打ったボールが当たることもありますし、クロスプレーでは、ランナーと衝突する恐怖感などもあります。
そして、ピッチャーが投げて来る、様々なボールを受け止めなくてはなりません。

ピッチャーが打たれても、キャッチャーのサインが悪いと、監督に怒られることもよくある事です。

このような事から他の選手には、キャッチャーの大変さを、十分に分かってもらいたいと思います。

しかし、それだからこそキャッチャーは、プレーが上達してうまくいった時には、人一倍うれしい気持ちになるものなのです。

スポンサーリンク


1.野球のキャッチャーの魅力について

そのような、大変なポジションのキャッチャーの魅力は、何と言っても他の選手とは一人違う方向を向き、野手全体を見渡せて、選手全員に指示を出すことができるということです。

例えるならば、オーケストラの指揮者のように、選手を導くことができます。

ピッチャーはもちろんのこと、内野の守備位置、外野の守備位置までも決めることができます。

打者心理を読み取り、ピッチャーの配球を組み立て、バッターをうまく打ちとった時には、大変な満足感でしょう。

内野手にサインを送って、牽制球でランナーをアウトにした時は、とてもうれしいものです。

クロスプレーでの迫力あるプレーは、見ている観客を楽しませる、野球の一つの醍醐味でもあります。

じっと腰を下ろし何事にも我慢をし、危険なクロスプレーにも耐えるキャッチャーは、みんなから信頼されるべき人です。

そんなキャッチャーになる人間は、やはり人間的にも心優しく力持ちの人が選ばれます。

決して無駄口を叩かず、じっと何事にも我慢する心も磨かれます。

みなさんもキャッチャーになって、野球を上達していくと共に、人間的にも成長をしていきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク