プロ野球の世界では、「コリジョンルール」というものが施行されて、危険なクロスプレーがかなり減りましたが、クロスプレー時の「ブロック」は、キャッチャーにとって、とても恐怖心のあるプレーですが、得点を許さないように勇気をもって対応しましょう。

キャッチャーの体には、レガースやプロテクターが付いていますので、ランナーが突っ込んできても、あまり心配せずに「ブロック」することができます。

1.野球のキャッチャーのブロックのやり方

まず、野手の送球してきたボールが、ランナーの方向にそれてきた場合などは、ランナーの体とぶつかり合ってしまうので、ボールを落とさないように、タッチしながら、いわゆる「ブロック」しなければなりません。

右手をボールにしっかり添えながら、ミットを左肩の下あたりに持っていき、体を少しかがめてランナーにタッチをしつつ、左肩でランナーを「ブロック」します。

このような当たり方をすると、キャッチャーは一番ダメージが少なく、確実にランナーをアウトにすることができます。

できれば、ランナーとは衝突はしたくないものですが、このように、しょうがなく衝突してしまうケースがホームベースでのクロスプレーの時にはよくある事です。

スポンサーリンク


また、野手の送球してきたボールが、ホームベースのほぼ中央に来た時には、捕球するのに自然な態勢で、足や膝を使ってホームベースを「ブロック」しつつ、タッチしなくてはいけません。

この動きは、日頃からよく練習して上達させておきましょう。

2.キャッチャーのクロスプレーでの注意点

キャッチャーは、得点を許すまいと、野手からのボールを慌てて捕ろうとするあまり、ホームベースのかなり前のほうで、捕ろうとする傾向がありますので、できるかぎりホームベースの近くで、捕球しましょう。

また、クロスプレーの時に、マスクをはずしてタッチにいくキャッチャーがいますが、これは危険ですので、マスクはそのままでタッチしましょう。

野球のキャッチャーの「ブロック」は、あくまでもボールを持っている状態で行うべきです。

ボールを持たないで、意図的に相手を「ブロック」するのは、相手のランナーにとっても、自分にとっても非常に危険な行為です。

野球は格闘技とは違って、タックルが上達するような練習などをする必要は、決してありません。

野球はスポーツですので、スポーツマン精神を持って、相手選手にあまりダメージを与えないように、思いやりを持ってプレーをするべきです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

名捕手への圧倒的近道!!
このプログラムは元千葉ロッテ正捕手の定詰氏 が教えるキャッチャー育成のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、ミスをしない試合に勝てるキャッチャーになれます!!

しかも今なら180日間の返金保証もついているので、安心して購入できます!!