野球の守備は同じ打球でもバウンドの合わせ方によって取りやすさが変わります。

バウンドを合わせるのが上手いと簡単に取れますが、合わせるのが下手だと難しいボールを捕ることになります。

バウンド合わせ方が上達する方法を紹介します。

1.バウンドの種類

バウンドは3種類あります。

捕りやすい順番にボールの落ち際、ショートバウンド、ハーフバウンドです。

ボールの落ち際は弾んでいるボールが落ち始めてから地面に着くまでです。

ここは一番捕りやすくエラーがしづらいゾーンです。

次がショートバウンドです。

ショートバウンドはボールが地面に着いて上がり始めに捕球します。

一見難しそうですが、グローブをしっかり開いていれば自然とボールが入ってきます。

守備で大切なのはこのショートバウンドで捕ることです。

ショートバウンドで捕ると次の送球が投げやすくなるからです。

プロ野球選手の練習でノックを見ると圧倒的にショートバウンドで捕ることが多いです。

普段から意識をしているのか、もしくは無意識に捕球しているのでしょう。

バウンドが合わなかった時にグローブを前に出してショートバウンドで捕るシーンを見たことがあると思います。

ぜひ野球選手のノックを見てみましょう。

スポンサーリンク


最後にハーフバウンドはショートバウンドよりもさらにボールが上がって、上がりきるまでのことです。

ここで撮るのは難しく、最もエラーしやすいゾーンです。

エラーの原因はハーフバウンドでの捕球にあり、エラーを防ぐにはハーフバウンドではなく、落ち際とショートバウンドで捕ることです。

2.バウンドの合わせ方

良いバウンドでの合わせ方は感覚的な部分が大きく、練習を積んで感覚を養う必要があります。

練習方法として片足ノックが有効的です。

片足ノックとは通常のノックを片足けんけんでボールまで向かい、捕球の時に両足になる練習です。

この練習の狙いはボールが弾んでくるのに合わせるようにけんけんすることでバウンドを合わせるのが上手くなります。

バウンドを合わせる感覚を養い、ボールの落ち際、もしくはショートバウンドで捕球しましょう。

どちらの足でけんけんしても問題はありませんが、バランスが悪くなるので交互に足を変えることをお勧めします。

野球の守備はバウンドを上手く合わせることができればエラーの確率を下げることができます。

プロ野球で長年活躍している選手はバウンドが合わせるのが非常に上手く、そこがプロで活躍できる理由でしょう。

紹介した片足ノックでバウンドを合わせる感覚を身に付けて守備の上達につなげましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!