どんなスポーツでも基本は大切です。

基本が出来ていなければ上達はありません。

基本を身に付ける練習が基礎練習になります。

野球守備の基礎練習を紹介します。

1.守備の基本

守備の基本は正確に捕ること、投げることです。

それはポジションに関係なく、共通して言えることです。

正確に捕ること、投げることができなければどこのポジションも守ることができません。

基本を身に付けるための基礎練習を紹介します。

2.グローブさばき

ボールはグローブで捕るためグローブの使い方が大切になります。

使い方をグローブさばきと言います。

さばきを上達させる方法です。

まず、ゴロを捕球する体制をつくります。

足を広げて腰を落とします。

そこからパートナーに正面からゴロを転がしてもらいます。

転がしてもらうのは正面と左右です。

この時、両手は使わずグローブのみで捕球します。

捕球したらボールはパートナーにグラブトスで返していきます。

正面のゴロは本来両手で撮るのが基本ですが、ここではグローブさばきの練習なので片手で捕ります。

左右のゴロでシングル、逆シングルキャッチも同様です。

グローブでしっかりボールをキャッチする感覚を身に付けましょう。

スポンサーリンク


3.送球の基礎練習

送球の基本を身に付ける基礎練習を紹介します。

グローブさばきと同じ要領でパートナーにゴロを転がしてもらい、今度はネットを用意して捕球したらネットに送球します。

正面のゴロはさばきの時とは違い、片手キャッチではなく利き手を添えましょう。

利き手を添えることで握り変えが早くなります。

左右のゴロは無理に利き手を添える必要はなく、シングルキャッチでも構いません。

送球をする際のポイントは捕球したら右投げは右足を左投げは左足を前に出して投げることです。

捕球して足を前に出すことで前に体重が乗りますので勢いが生まれます。

足が前に出ないと余計にステップを踏んで勢いを付けなればならないのでワンテンポ遅れてしまいます。

送球の基本は捕ったらすぐに投げることなので基礎練習で素早く正確に投げる感覚を磨きましょう。

野球守備の基本は正確に捕ること、投げることです。

基礎練習を繰り返して上達させることが大切です。

今回の練習はパートナーにゴロを転がしてもらいますが、慣れてきたらノックを打ってもらうのもいいでしょう。

野球を始めたばかりの頃はバッティングやピッチングのほうが楽しいのでそちらを練習しがちになりますが、野球を長く続けるのであれば守備の基本を身に付けることは必ずしも必要になりますので覚えておきましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
川﨑宗則監修 実践守備マスタープロジェクト

元メジャーリーガーの守備技術!!
このプログラムは元メジャーリーガーの川崎宗則 が教える守備技術です!!

これさえ身につければ、メジャーリーガークラスの守備力が手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

エラーしない選手になる方法!!
このプログラムは西武ライオンズや楽天イーグルスで内野守備コーチを務めた清家政和氏 が教える内野守備上達のためのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、エラーをしない選手になれます!!