バッティング技術に関して言えば、腕の使い方も野球技術を上達するうえで非常に大切な項目の一つです。

バッティングを行う際、腕の使い方を上手に行うことでバットスイングをスムーズに最短距離で行うことが出来るようになります。

1.振り始めのかたち

バッティングスイングの際、バットの振り始めのポイントでまずは注意すべきポイントがあります。

腕の使い方その1ですが、手首に注目する。

バッティングを行う際に、ボールに対して遅れてバットが出てくる人や、バットのヘッドが下がっている人に良くみられる症状です。

バットを構えたトップの位置からそのまま、手首を倒したりすることなくスイングを始めますが、上記のような症状の方は手首が地面と水平になっているのではないかと思います。

また、バッティングを行う際に、バットが大きく自分よりも遠いところで振っている方も同症状になっているように思います。

基本は手首を倒すことなくそのまま、スイングを始めて最短距離でバットのヘッドをボールにぶつけることを意識して行います。

この症状になっている方の修正方法は、壁をキャッチャー側だとしてバッティング時の構えをします。

その時の注意点ですが、自分が構えてキャッチャー側の足の前から壁に向かってバットを倒してヘッドが当たるか当らないかの位置で行うようにしてください。

その状態でスイングしてバットが壁に当らないようにスイングする事を心がけるだけで症状は改善していきます。

スポンサーリンク


ただ、その症状になっている人は最初から壁で行うと、怪我をしてしまう恐れがありますので最初はネットのような、当ったとしても体に負担の無いような形が良いと思われます。

当らないようになって壁で同様の事を行い更に、当らなくなったときスイングは上達しています。

2.肘の使い方

最短距離でバットを振る事が出来るようになったら次に行う練習は、腕の使い方その2、肘の位置に注目です。

まずは、右打者であれば右手、左打者であれば左手の肘ですが、バットを振り始めボールに当てるまでの間、脇を締め自分の体をくっつけた状態で行うようになります。

その練習法ですが、実際にバッティングを行う構えの状態にたち、先ほどの手を横に伸ばします。

2人組で行うのであれば、もう一人の手を、一人で行うのであればゴムチューブなどを握りそのまま肘をたたんで自分の体にくっつけます。

その状態で腰の回転と一緒に引っ張る事で練習できます。

次に、先ほどの逆の手になりますが、先ほどの2人組、1人で行う時同様にしっかりと握り、今度はトップの位置で構えた状態からイメージとしては握っているところからその腕側の腰に向かってしっかりと引っ張るように練習します。

それを行う時には、脇をあけすぎても、しめすぎてもよくありませんので、自分で一番力が入るところをみつけながら行うようして下さい。

それを見つける事で、野球技術はもう1歩上達していきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク