野球のバッティングにワレとタメというものがあります。

バッティングをより上達させるためにもこのワレとタメを理解して自分のスイングに活かせることが出来れば今以上の成績が期待できるようになります。

1. バッティングのワレ

野球のバッティングでワレとは何で、いつ必要なのかという話から行いたいと思います。

ここでいうワレとは上半身と下半身が反対の動きをしている状態をいいます。

どの時点でそれが感じられるかというと、バッティングを行う際に足を踏み出すと思います。

その時に下半身は体を回転させようとしていると思いますが、上半身はその回転させられる状態を必死に我慢して観点させないようにしていると思います。

それが出来ている方はユニフォームにしわが刷いていると思います。

その状態が割れている状態と言います。

その状態の動きを作る練習方法としては、バッティングで前の方の足の膝を上げて一度後ろの方の足だけで立ちます。
 
そのまま、バットを振る前のように前足を降ろしますが、降ろした瞬間にバットを振りだす準備をしていきますが、その時に腰が開かないように注意して足を踏み込みます。

その時もまだ、後ろ足に重心がある状態で止めます。

それを確認して、ワレが出来ているか確認してみます。

スポンサーリンク


そうする事で次の野球のバッティングのタメへとつながるようになります。

2.タメ

タメとは、一度ワレで作った状態を一瞬でいいので止めてその後一気にバットを振りだすためのものをいいます。

タメの作り方は非常に難しいものです。

バッティングのワレとタメをひとつひとつまずは止めながら練習して、少しずつ止めている時間を短くし体に覚えさせていくというのがいいかと思います。

しっかりと体が覚えて動くようになるとピッチャーが投げるボールの少々の緩急はその為で、対応が出来るようになります。

注意点としては、タメを行う時に膝が開かないようにすることが重要です。
 
膝を開いてしまうと腰が回ってしまいますので、そのままスイングをしてしまう恐れが出てきます。

そこを膝が開かないようにすることによって止められるようになりますので対応も可能になってきます。

このワレとタメをしっかりとつける練習としては体側の柔軟性を高めてあげるとよりタメが出来、上達していきます。

そのため、柔軟体操をしっかりと行うことが必要不可欠ですし、行うことによって自分自身の野球のバッティング技術の上達に繋がっていきますので、柔軟体操をあまくみずに毎日取り組んでいってほしいと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!