野球のバッティングにおいては、テイクバックの方法も意識する必要があります。
テイクバックが正しくない場合には、バットをボールに対して素直に出すことができず、ボールの打ち損じや、空振りをする確率が高くなります。

この野球のバッティングにおいて、テイクバックの方法を身につけることにより、ボールとバットとが当たる確率が高くなって行くのです。

1.テイクバックはリラックスする

野球のバッティングにおけるテイクバックにおいて、一番の重要なポイントとされていることがあります。それは、肩の力を抜いてリラックすることです。

例えば、力んだテイクバックの場合には、体が硬くなり、思うようにバットがボールに対して出て行くことができません。さらに、構えているだけで力を使いきり、疲れてしまうこともあります。

加えて、力が入りすぎてしまうことにより、バットの軌道が遠回りとなり、その分ボールにあたるまでの時間が長くなることから、振り遅れが発生し、タイミングよくボールに当てることができないのです。

このように、野球のバッティングにおいては、リラックした構えを行い、テイクバックをするようにします。

2.腰をひねる

バッティングのポイントとして重要な要素としてあげられるのは、腰をひねることです。腰をひねねることで、体の軸回転でボールを打つことができるようになります。

スポンサーリンク


右バッターの場合には、テイクバック時には左足をあげて腰をひねり、左バッターの場合には、右バッターとは逆で、テイクバック時には右足をあげて腰をひねるようにします。

腰をひねることは、体の軸で回るためにひねることにより、そのひねった反動の力をボールに伝えることができ力強いボールの軌道でボールが飛ぶようになります。

3.足をあげるタイミングは早すぎないこと

ボールを打つ時にはタイミングをしっかりととっておく必要があります。

右バッターの場合には左足、左バッターの場合には右足をそれぞれ上げて、腰をひねることになりますが、足をあげるタイミングが早いとバランスを崩し、ボールを迎えに行くような形でボールを打ってしまうことにつながり、打ち損じが発生してしまうのです。

また、足をあげるタイミングはピッチャーの投げるタイミングを見て、ボールを最後まで見極めるためにもゆったりとした動作でテイクバックをしましょう。

4.テイクバック時の体重のかけた方について

テイクバック時の体重のかけ方について、右バッターの場合には右足と左足との割合が30%と70%の割合、左バッターの場合には、右足と左足との割合が70%と30%というように、軸足に体重をできる限りのせておきます。

こうすることにより、ボールへの力の伝わり方が格段に大きくなり、ボールが飛ぶようになることで、バッティングがより楽しく、技術も向上していきます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!