野球のバッティングはいかに良いポイントでボールを捉えるかです。

良いポイントで打つためには良いスイングができていなければなりませんが、ここでは良いスイングをするための意識の持ち方を考えたいと思います。

「野球が上達するスイングの意識の持ち方」です。

1.理想的なスイングをイメージする

1.二つのスイング

スイングに関しては様々な理論が展開されているが、ここでは2種類ダウンスイングとレベルスイングの意味についてお伝えします。

まず初めにダウンスイングのイメージですが、これは大根切りのように上から叩くという表現をよく使います。

しかし実際に向かってくるボールに上から叩き下ろしてボールに当てるのは困難なことです。

一方レベルスイングというのはボールに対して一直線上に振ると言うことになります。

野球のバットスイングはこのどちらか一つだけというのではなく、この二つが連動していくことで理想的なスイングに近づいていきます。

2.二つのスイングの意味

二つのスイングの持つ意味はどちらも意識の持ち方です。

ダウンスイングの意味はバットを構えた位置からボールを捉えるまでバットを最短距離で走らせる意識を持たせることです。

つまりコンパクトにスイングをする意識を持たせることなのです。

しかし、ボールを捉える瞬間はバットはボールに対して一直線上の軌道で振らないと当たる確率は低くなります。

つまりこれがレベルスイングの軌道です。

スポンサーリンク


ただし初めからレベルの状態でバットを振るとバットは遠回りをして速いボールについていくことが難しくなります。

したがってこの二つのスイングはそれぞれの意味を意識して振るということなのです。

バットを構えた位置から降り出す意識はダウンスンイング、ボールが当たるところはレベルスイングというイメージです。

2.正しいスイングを身につける練習

理想的な正しいスイングをみにつけるためには素振りを繰り返すことが大切です。

しかし闇雲に振るのではなく、一振り一振りをテーマを持って振る意識が重要になります。

そして一番大切なのは常に実践を意識したスイングをすることです。

その素振りの方法として3つのポイントがあります。

一つ目は投手が投げてくるボールをイメージして素振りをすることです。

二つ目はコース、球種を意識して振ることです。

内外角や高低をイメージしながらそこに対応するようにピントを合わせてスイングをすることです。

さらに球種も意識しながら速球、変化球への対応も意識して素振りをします。

三つ目は打った後の打球をイメージて振ることです。

今振ったスイングでどの方向にどういう打球を打ったのかを意識しながらスイングをします。

これらのポイントを意識して素振りを繰り返すことは野球の試合での実践を意識た素振りとなります。

そして素振りを繰り返すことで自分に合ったスイングを身につけ理想のファームを作り上げていくのです。

野球のバットスイングや素振りは意識の持ち方でいくらでも上達することができます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!