野球の試合でスクイズを行う状況は、どうしても同点に追いつきたい時や、勝ち越しのチャンスの時に行われるものですので、主に試合の終盤の大事な場面で、大変プレッシャーのかかるプレーになります。

1.野球のスクイズのやり方

スクイズは、三塁ランナーをホームに生還させるものですので、当然ランナーはピッチャーが投げると同時に、ホームに突っ込んできます。

そのためバッターは、バントで必ずバットにボールを当てなくてはなりません。

ですから、バッターはなるべくなら気づかれずに、アウトコースのボールにも届くように、ホームベースに多少近づいて構えます。

またキャッチャーよりに構えたほうが、ボールをバットに当てる確率は上がるでしょう。

できるだけ、ピッチャーが投げる瞬間まで、バントの構えを作らないようにしなければなりません。

バントの構えを作る際にも、バッティングの欠点のように、体全体を開いてしまうと、様々なボールに咄嗟に対応できなくなりますので、腰はしっかり回して、上半身はできるだけがまんしてボールを待ちましょう。

体を前に突っ込んでしまうと、ピッチャーが大きく外した時には、対応できなくなりますので、軸足のもものあたりでインパクトするイメージを持つとバントが上達します。

2.スクイズの注意点

野球の試合でスクイズを試みて、フライを打ち上げてしまうと、簡単にダブルプレーになってしまうので、フライが上がりにくいように、バットをできるだけ立てて使います。

スポンサーリンク


それによって、高めのボールが来ても、フライが上がりにくくなります。

前側の手は、構えたときと同じ場所を握りますが、後ろの手はバットのマーク当たりのかなり先端に近い部分で握ってください。

こうすることで、速いボールにも負けないで、ファールにならずにバントを転がすことができるのです。

いくらホームベースに近づいて立っても、大きくアウトコースへボールが外れて、バットが届かなそうな場合には、飛びついてでもバットに当てましょう。

その際バッターボックスから足を出してボールに飛びついてしまうと、反則になってしまい、アウトになってしまうので注意が必要です。

野球のスクイズには、セーフティスクイズというものもあり、これはランナー三塁で、バッターが、野手の間にうまく転がせるボールが来た時に行うものです。

セーフティスクイズはあわよくば自分もセーフになるように、できればセカンドとピッチャーの間あたりに転がすとよいと思います。

この場合ランナーは、そのボールの行方を見たうえで、ホームに進めるか判断しなければなりません。

またツーストライクで行う、スリーバントスクイズという、相手の意表をついたプレーもあります。

いずれにしても、より多く得点するために、普段の練習からバントのレベルを上達させておく事に越したことはないでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク