バッティングを行う時、しっかりと打球を運んだり、遠くへ飛ばすためにはボールがあった瞬間の押し込みを知ることが必要です。

1.押し込みのポイントを知る

自分のバッティングスイングでどこのポイントで押し込みを行うようにすれば良いのかをまずは、知る必要があります。

その知ることのできる練習方法ですが、協力してくれる人がいると良いかと思います。

そして、バッティングスイングを行うのですが、まずはスイング中の手の肘が伸びきった位置で止めて下さい。

その時点で、もう一人の協力者がそのバットの芯の部分を軽く押します。
 
当然、肘が伸びきっているのでそれ以上押し出すことが出来ず、力のない状態だと思います。

ですので、その位置から肘を少し緩めるくらいまでスイングを戻し、バットの芯の部分を軽く押します。

いろいろなポイントで何度も繰り返し一番の力の入るところが押し込みを行うポイントです。

その位置でボールを捕らえるようにし、更にはしっかりと押し込むようにすると、バッティング力は今以上に上達します。

2.練習

野球でバッティング力を上達させる練習方法ですが、押し込みの動作としては肘と手首で行うようになります。

スポンサーリンク


ピッチャーの投げてくるボールの勢いに負けて肘や手首がバッティングをする際に戻されたりすることが無いようにある程度は鍛えてあげる事も必要になります。

手首を鍛える練習方法としては空のペットボトルを利用してその中に適当な自分に合った重さを作ります。

この時、重すぎないように砂などをペットボトル内に入れるようにして下さい。

最初はペットボトルの中心付近を持って手首を可動域全体動かすようにしてトレーニングします。

慣れてきた時は同じように動かしますが、ペットボトルの持つ位置を飲み口の部分にするとより上達は早まります。

他にも、手首を鍛える方法はいろいろあります。
どの方法で行っても、いいですが可動域はしっかりと使いその幅を広げるように取り組んでください。
 
ある程度しっかりと、手首を鍛えることによってピッチャーの投げてくるボールに対して当り負けしなくなります。

さらに、ボールが当たった瞬間に最後の押し込む事を行うポイントをしっかりと自分でとらえてその位置でボールを押し込むことが出来るようになると、野球でバッティングを行うと遠くに打ったボールが飛んでいきますので段々と野球が楽しくなってくると思います。

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!