野球試合で、「ネクストバッターズサークル」では、次に自分が立つ打席のための、しっかりとした準備を行わなくてはいけません。

その日のピッチャーの調子や、守備の状況などを把握することが大切になります。

1.ネクストバッターズサークルですべきこと

バッターは、事前にピッチャーの癖などは分かっていればいいのですが、プロ野球選手でもない限り、ほとんどが分かっていないものです。

「ネクストバッターズサークル」では、より近い位置でピッチャーの球を見ることができるので、その日の調子や配球などを確認できます。 

また相手の守備位置を確認したり、野手の特徴を掴んでおき、前のバッターが打ち終わった後には、それらすべてを考慮して、頭の中を整理する必要があります。

2.具体的な方法

具体的な方法ですが、ピッチャーが投げるボールが、高めに上ずっているのか、それとも外角にはずれているのかなど、その状態を確認して、「ネクストバッターズサークル」では、自分の打席でどう対応するのかをシュミレーションしておきます。

「ネクストバッターズサークル」では、プロ野球選手でもないかぎり、素振りをするのはお薦めできませんので、軽く体を動かしたり、バッティングのイメージを頭の中に描いておきましょう。

スポンサーリンク


相手の守備位置についても確認しておきます。

例えば、常に一二塁間が空いている状態であれば、外角に流し打ちできるような構えをつくる準備をします。

またショートと三塁の間が常に空いていれば、思いっきり引っ張れる構えをすればよいのです。

相手の野手の特徴を掴んでおくことも大事になってきます。

例えばセンターの選手は肩が強いが、ダッシュ力があまりない、ライト選手は、ボールにすぐに追いつくが、肩が少し弱めであるなど判断しておくと、自分のバッティングの際にそれを生かすことができます。

そのほか、味方のランナーがいれば、その状況も頭にいれておきます。

たとえば、ランナーが二塁にいる場合には、ライト方向へ打球を飛ばしたほうが、ランナーがサードへ進める確率が高くなります。

またランナーが三塁にいるときは、外野フライを打てば、三塁ランナーがタッチアップでホームに帰ってくることができます。

このように色々な状況を考えて、打席に入ることができれば、野球のバッティングレベルは確実に上達していきます。

頭の中でイメージできないことは、実際のプレーでは成功できないことが多いのです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!