リストはバッティングをするうえで、重要な役割をしますから、リスト強化は必要になります。 
 

1. リスト強化の必要性

野球のバッティングでリストの必要な部分ですが、バッティングを行う際に打球を遠くに飛ばすためにはバットをしならせてヘッドを上手に使うことが必要になります。

ここでいう意味はバットのしなりを利用してヘッドを少し遅らせてスイングするとボールは遠くに飛ぶという意味です。

理屈上その通りではありますが、そのバッティングをするため、そのスイングで打球を遠くに飛ばすための条件としてボールに当った瞬間の手首の押し込みが必要になります。

そのボールを押し込む際に、ピッチャーの投げてきたボールの勢いに負けて手首の押し込みが出来ない時の打球は差し込まれたようなつまった打球になってしまいますので負けないリストを作り上げるようにすることつまり、リスト強化は必要になります。

野球を行ううえでリストの強化は非常に必要な部門ですが、無理せずしっかりと強化するようにしてください。

負荷をかけて行うことも必要になってきますが、やり過ぎてしまうと腱鞘炎になってしまったりと痛めてしまう恐れもありますので、無理をしないようにすることが大切です。

2.リストの強化方法

①素手で手首をしっかりとふる。

腕を前に出した状態で行ったり、椅子などの上に腕を乗せて行う方法なのですが、手首の動く範囲を全て動かすようにして下さい。

スポンサーリンク


途中で動く範囲を狭くしたりすると効果が薄れてしまいますので、しっかりと最後まで動かして行うことが必要です。
 
そうする事により、腕がだるくなったり動きが鈍くなってきますので自分で判断して無理の無いように回数を設定し行うようにして下さい。

更に上達するには、動かないところからの最後の押し込みこれに少し意識して行うことにより強度が上がります。

②ビール瓶・ペットボトルなどに砂(水)を入れて振る

ビール瓶やペットボトルなどに重りとなる砂や水などを入れて手首を動かして鍛えます。

その瓶やボトルの横を握るように持って手首を動かします。

その時の注意点としては、①と同様に動く範囲をしっかりと動かすという事です。

もう1歩上達するには、瓶やボトルの口の部分を人差し指と中指の間で挟むように持ち手首を動かします。

負荷がかなりかかりますので、無理の無いように注意して下さい。

③風呂の中でスナップを繰り返す。

お風呂に入っている時に手首を動かし負荷をつけて行う方法です。

水の抵抗でゆったりと行うことができますので入浴時間を利用してのトレーニングですので時間の有効利用にもなります。

もう1歩上達するには、その動かしている掌にかまぼこ板のような薄い板を持って行うともう少し抵抗を感じながら行えますので試してみて下さい。

他にも、縄跳びを手首を意識して行ったりする方法などがあります。

手首を使用する場面はいろいろありますから意識して鍛えることが出来る場面は沢山ありますので自分なりにいろいろ取り組んでみて野球につなげていくのも一つの方法だと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク