野球のバッディングでは、遠くにボールを飛ばすには、スイングスピードをあげることや、スイングをレベルスイングすることにより、さらに体重移動を伴った全身を使うスイングによりボールに力を伝える必要があります。

その中で、野球のバッティングにおいて体重移動をうまくする秘訣は、振り出した足を使って壁を作ることです。

1.体重移動を間違えると打ち損じします

野球のバッティングにおいてバットからボールに力を十分に伝えるには、力強いバッティングが必要で、その中でも軸足から降り出した足への体重移動がポイントとなります。

しかしながら、この体重移動を間違えると、打ち損じする確率が高くなります。例えば、よくやってしまうのは極端な体重移動によって、体がぶれてしまい、スイングのバランスが崩れてしまうことです。この体重移動をうまくするためのポイントとなるのが、振り出した足を使って壁を作ることです。

2. 壁を作ることについて

右バッターの場合は左足、左バッターの場合は右足に壁を作ります。壁の作り方は、振り出した足を地面に踏み込み、その踏み込んだ足で地面を踏ん張るイメージです。踏ん張ると体が開かないようになり、それが壁となります。この壁を作ることにより、体重移動が極端ではなくなり、フォームがぶれることなく、スイングすることができます。

スポンサーリンク


3. 壁を作るポイントについて

野球のバッティングにおいて、踏み込んだ足で壁を作るポイントは3つあります。

1. 踏み込んだ足先は開かないようにする

1つ目のポイントは、踏み込んだ足先が外に向かないようにします。外に向くことにより、体が開き、壁が作れなくなります。さらに、足先が外に向くと、アウトコースのボールが打てなくなります。踏み込む足は外に向かないようにします。

2. 踏み込んだ足はスタンス時よりも広くならないようにする

2つ目のポイントは、肩幅でバッティングのスタンスをとった後は、その位置を覚えておきます。その後のスイングでは、踏み込んだ足がスタンスを取った位置よりも広すぎることのないようにします。広く取ってしまうと、体のバランスが崩れ、下半身がブレてしまいます。

3. スイングをした後に踏む込んだ足の位置を確認する

野球のバッティングで最後のポイントは、スイングする際には、スイングのたびに、踏み込んだ足の位置を確認します。

そうすることにより、踏む込みの位置を覚えるようになり、壁を作りやすくなります。さらに全身鏡があれば、姿を確認しながらスイングの練習をしましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!