野球の試合で何度もヒットエンドランを決めれば、大量得点につなげることもできますので、野球の勝敗を決める大切な役割をはたします。

普段からそれを念頭において、フリーバッティングではボール球でもどんどん打っていきましょう。

1.野球のヒットエンドランのやり方

ヒットエンドランは簡単に言えば、ランナーが走って、バッターがどんなボールでも打ち返すということです。

つまり、バッターは余程の悪送球でないかぎり、最低でもバットに当てなくては、走ったランナーがアウトになってしまいます。

ヒットエンドランのときには、ランナーはそれほどぎりぎりのスタートを切るわけではなく、ボールの行方を見たまま走りますが、バッターがバットに当てることができないと、アウトになる確率が非常に高くなってしまいます。

バッターができるだけ空振りしないためには、ホームベースに近づいて構えることです。

そうすれば、アウトコースの変化球で、ボールになる球でもバットを届かせることができます。

もうひとつ注意することは、野球の試合でヒットエンドランのサインが出た時には、バッターはなるべく高めのボールを待つようにすることも大切です。

高めに浮いてくるボールになる球には、意識して待っておかないと、なかなかボールに当てることはできないからです。

スポンサーリンク


反対に、ワンバウンドするようなボールは、空振りをしてしまっても、キャッチャーが後ろにそらす確率が高くなり、仮に捕球できたとしても、ランナーがセーフになることが多くなりますので、バッターは意識して高めのボールを待ってみてください。

また、高いボールを待っていて、真ん中から下のコースのボールを打つと、若干上からたたくような形になるので、ライナーやフライになりにくく、ダブルプレーになるケースなどが少なくなりますので、これはヒットエンドラン上達のカギになります。

2.ヒットエンドランの注意点

ヒットエンドランを行う状況は、だいたいが、ノーアウトかワンアウトで、ランナーが一塁、もしくは一二塁の時です。

そのためバッターは、ランナーをできるだけ三塁に進めることを、目指さなくてはなりません。

それには、空振りしないことは当然ですが、ピッチャーより右方向へボールを飛ばす事が重要となってきます。

ちょうど、ファーストとセカンドの間を狙うようにして打ちますが、決して流し打つようなイメージで打ってはいけません。

流し打つようなイメージだと、フライが上がりやすくなってしまいます。
ホームベースに近づいて、高めのボールを打つようにイメージして、ボールを引き付けて打ちます。

しっかりと叩いて打ってください。

そうすれば、ランナーをうまく三塁まで進めさせる技術が上達します。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!