ジャイロボールとはパフォーマンスコーディネーターの手塚一志さんが提唱した魔球とも言われるボールです。

近年の野球でジャイロボールを意図的に投げているピッチャーは聞きませんが、無意識にジャイロボールになっている投手はいるそうです。

今回はジャイロボールの打ち方を紹介します。

バッティング上達に役立てて下さい。

1.ジャイロボールとは

ジャイロボールとはストレートと回転が異なり空気抵抗を受けづらく、初速と終速の差が小さいボールです。

初速と終速の差が小さいとバッターは体感スピードが速く、伸びてくるように感じます。

ジャイロボールは球が浮き上がると思われがちですが、決して浮き上がる訳ではなく、バッターが浮き上がるように錯覚してしまうだけなのです。

またジャイロボールには2種類あります。

フォーシームジャイロとツーシームジャイロです。

フォーシームジャイロは最初に説明した初速と終速の差が小さく速く感じる一般的なジャイロボールです。

一方ツーシームジャイロは初速と終速の差が大きく、球がなかなか来ないボールです。

サイドやアンダースローの場合、自然とツーシームジャイロになるケースが多いです。

渡辺俊介投手はツーシームジャイロを自然に投げています。

プロ野球のサイド、アンダースローのピッチャーは自然に投げているケースが多いです。

2.フォーシームジャイロの打ち方

体感的に速く感じるフォーシームジャイロの打ち方は振り出しを速くすることです。

スポンサーリンク


通常のストレートは初速と終速に差があるので最初のスピードより徐々に遅くなります。

これが一般的なのでフォーシームジャイロで初速と終速に差がないととても速く感じるのです。

フォーシームジャイロを投げる投手と対戦するときはいつもよりも早く振り出すことがポイントです。

また、通常のストレートとジャイロの見分け方としてジャイロ回転は渦を巻いているようにバッターに向かってくるのでそれ見分けます。

球が渦を巻いているような回転の場合、ジャイロボールを投げる投手なので振り出しを早くしましょう。

3.ツーシームジャイロの打ち方

ツーシームジャイロの打ち方は球がなかなか来ないので振り出しをいつもより遅くします。

来ない理由は空気抵抗を受けやすい回転のため、初速と終速に差が大きく変わるからです。

ツーシームジャイロはサイドかアンダースローでしか投げられないため、自然とツーシームジャイロになっている場合がほとんどです。

そのため、サイド、アンダースローのピッチャーと対戦した時で球の回転が渦を巻いていたらツーシームジャイロだと思い振り出しを遅くしましょう。

技術の進歩で高速度のスロー映像が見られるようになりジャイロボールが発見されました。

以前からプロ野球で投げていた選手はいたと思われますが、解明されていなかったのです。

バッターからすると魔球のように感じますが、しっかりと対策をすれば打てるでしょう。

ジャイロボール打ちを知識として頭に入れて、バッティング上達に役立てて下さい。


スポンサーリンク



スポンサーリンク