野球のバッティングでドアスウィングは良くない打ち方と言われています。

初心者や力のない子供に多いスウィングで、ドアスウィングの癖がついてしまうと成長しても直らないケースがあります。

今回はドアスウィング矯正方法を紹介しますので、バッティング上達に活かして下さい。

1.ドアスウィングとは

ドアスウィングとはバットが遠回りしてしまう打ち方です。

野球初心者や力のない子供に多く見られ、バットが遠回りすると速い球や内角の球をうまく打つことができず、ヘッドも上手く使えないため速い打球や遠くに飛ばすことができません。

正しいスウィングはまずグリップが出て、あとからヘッドが出てきますので、力が加わりヘッドを走らせることができます。

ドアスウィングの場合はヘッドが先に出てしまうので力が加わらず、ヘッドが走りません。

バッティング上達においてヘッドの使い方は重要であり、ドアスウィングではヘッドを上手く使えません。

2.片手打ち

ドアスウィングの矯正方法は片手打ちが有効です。

普段使っているバットを短く持ち、片手でスウィングします。

短く持つ位置はバットを3等分に考えて3分の1の上の部分です。

スポンサーリンク


ただし力に個人差があるので重く感じるようであればさらに短く持ちましょう。

そして、片手でティーバッティングをしていきます。

左右の手交互にやっていきましょう。

この時のポイントはスウィング時に肘が身体から離れていかないようにすることです。

肘が身体から離れるとグリップより先にヘッドがでてしまいますのでドアスウィングになります。

肘が離れなければグリップが先でその後ヘッドが出ますので正しいスウィングになります。

身体から肘が離れていかないようにする練習は両手よりも片手打ちのほうが効果的です。

左右の片手で身体から肘が離れていかない感覚がわかってきたら、同じ感覚で両手を使い打ちましょう。

3.ドアスウィングを直せば上達する


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!