「バスター」は、野球の試合ではあまり多く見かけることはないのですが、バントの態勢から構えを変えて、ヒッティングをすることですが、その名の通り非常に攻撃的なプレーになります。

ここでは「バスター」のやり方と注意点を説明いたします。

1.野球のバスターのやり方

「バスター」のやり方を説明する前に、バントの構え方の説明をしますが、バントは、普通のバットスウィングをするようにして、構えた姿勢からバットを振り出して、そしてインパクトで両腕を止めます。

そのままの態勢から、上にあるほうの手を、バットのちょうどマークあたりにずらします。

手の位置は、人それぞれ自分がバントしやすい場所を握ってください。

この時に軸足を前に持って行って、体全体を開いてはいけません。

軸足の膝をステップした足の方へ寄せる感じにして、ボールを待ちます。

これがバンドの構えなのです。

よく軸足を前に出して、体をピッチャーの方向に正対させてバントをする人がいますが、これでは様々な球種に対して、巧くバントをすることができませんので、バッティングと同じように、腰は開いておいても、肩はあまり開かずにインパクトするようにしましょう。

このバントの構えから、反対に普通のバッティングの構えに持って行って打つのが、「バスター」なのです。

スポンサーリンク


「バスター」をする時は、ストライクとボールの見極めが大変難しくなりますので、日頃から選球眼を上達させておく事が大切になります。

2.バスターの注意点

野球の試合で「バスター」をする時の注意点としては、構えをバントからバッティングに変えるからと言って、あまり打ち急がないようにすることです。

上記に示したように、シンプルに普通のバッティングの構えに持っていければ、決して慌てて構えを作る必要はなくなります。

打ち急がずに、しっかりバックスウィングをしてボールを待ちましょう。

「バスター」を使うのに有効な場面が、ランナーが一塁や二塁にいる場面です。

その時に、バッターがバントの構えをすると、たいていファーストやサードのどちらかが、かなり前進してバントに備えようと考えますので、あらかじめどちらが前進してくるのかを考えて、そちらの方向を狙って、バスターを決めると、とても有効ですが、どちらかと言えば、ライト方向へ打ったほうが、ランナーをより先の塁へ進めることができるので、他のヒットエンドランなどと同じように、右方向へ狙っていったほうがいいと思います。

「バスター」が上達して、野球の試合で成功させると、監督にも非常にいい印象を与えることができますので、よく練習しておくとよいでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!