野球において、バッターボックス立った際に、通常のヒッティングに対し、自分が犠牲になってランナーの進塁を優先させる目的や、自分が塁に出るために意図的にバントをする場面があります。

野球のバッティングにおいて、バントをする場面は主に3つありますが、この場面についてそれぞれ紹介します。

1.野球の試合でランナーを進める場合

まず1つ目の場面は、ランナーを進塁させる場合です。

例えば、ランナーが1塁にいて、バッターボックスに立つ状況だったとします。この状況は、ランナーを2塁に進めると、次のバッターがランナーをホームへ返す確率が増える場面です。しかしながら、通常のバッティングをし、内野ゴロになった場合にはダブルプレーでチャンスを潰すこともあります。

この場合、バッターはランナーを確実に2塁に進めるために、通常のバッティングではなく、犠牲になってバントをすることがあります。

2. スクイズでランナーをホームへ生還させる場合

ランナーが3塁にいる場面では、通常のバッティングではなく、スクイズによってランナーをホームへ生還させ、自分はアウトになるように犠牲となることがあります。

このスクイズは、野球の試合においては非常に重要です。

ランナーはスクイズのサインが出ると、ピッチャーがボールを投げたと同時にホームへ走りこむため、バッターは必ずバットにボールを当てる必要があります。

スポンサーリンク


もしこの場面でバッターが空振りをすると、ランナーも3塁とホームとの間で挟まれ、アウトとなる確率が非常に高くなります。さらに、野球の試合の流れが、アウトによって止まってしまうこともしばしばあります。

このように、スクイズはバッターもランナーも集中して、確実に点をとるための対応を迫られます。

3. バッターがランナーとして出塁する場合

バッターがランナーとして出塁する場合にバントをすることがあります。

この場面においては、バッティングによって野球の試合の流れを変えたい場合や、ピッチャーの調子が良くヒットを打てる確率が少ない場合、さらにバッターの走力があって、内野の守備も通常の守備位置である場合に、バントをするとランナーがアウトになる確率が低くなります。

これを野球ではセーフティバントと言います。

例えば、大リーグで活躍するイチロー選手は、走力もあります。打順が1番の場合、内野の守備儒教をみてセーフティバントをし、内野安打となることがあります。打順が1番の選手は、まずはランナーとして出塁し、攻撃の突破口を開くためにセーフティバントをすることがあります。

ただ、このセーフティバントは高い技術が必要となり、すぐにできるものではありません。

例えば、内野の守備がすぐにボールに追いつき、取ってしまうようなセーフティバントでは意味がありません。ファースト、サード側のラインにギリギリ打つように、さらにボールの勢いを殺すようなバントをしなければなりません。

さらに、走力も必要となりますので、野球においての高い技術が求められます。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!