野球のバッティングでの、足を上げるタイミングは、早めに行うべきです。

何故かと言いますと、足を上げるタイミングが遅すぎると、完全に振り遅れてしまうからです。

ピッチャーのボールは、時速100キロメートル以上で向かってきます。そのために、早くから足を上げて、準備をしておくことが、バッティング上達のカギになるのです。

1.野球のバッティングの足を上げるタイミング

ピッチャーが振りかぶって、まさに投げようとしているときに足を上げて打っても、どうしてもボールの勢いに負けて、振り遅れてしまいます。

そのため、打席に入り、自分の構えを作ったその瞬間に、足を上げる状態を作っておくことが、大切になってくるのです。

まず打席に入り、グリップを握ります。そうしたら、今度は上半身を、右バッターなら右に、左バッターなら左に捻転します。

そしてその時に、ステップするほうの足をあげますが、これは上げるというよりも、正確には、上がるという言いかたのほうが、正しいのかもしれません。

体を、ピッチャーの方向とは反対に捻りあげていく過程で、体重は軸足に移り、ステップする足は、それに伴って、自然と上がっていく状態になるものなのです。

そして、ピッチャーの投げた、向かってくるボールに瞬時に対応するために、かかとを上げたり下げたりして、タイミングをとります。

ここがポイントなのですが、かかとを上げ下げすることで、ピッチャーの変化に微妙に対応することができるのです。

スポンサーリンク


このあと、一本足にするバッターがいますが、これは、体重が完全に軸足に移動することになり、即座にボールに対応することが難しくなってきます。

打つ時の、ステップする場所もばらばらになりやすく、一定しない恐れがあります。

これでは、正確に、バットをボールに当てることが、非常に難しくなってきます。

メジャーリーガーのイチロー選手なども、日本にいるころには、一本足打法で打っていましたが、メジャーリーグへ行った後、向こうの速いボールに対応するために、一本足打法をやめて、その代わりに、右足のかかとを上げる下げるを繰り返しながら、タイミングをとるようになっています。

メジャーリーグのバッターは、こうして、足を上げるタイミングをとっている選手が多いのですが、日本のプロ野球のバッターは、まだ一本足で打つバッティングをする選手が、非常に多いように思われます。

そのため、日本の子供たちもまねをして、一本足で打ってしまいます。

正確に、バットをボールに当てるためには、一本足で打たないで、かかとの上げ下げを繰り返して、タイミングをとることが、野球のバッティング上達の秘訣となります。

2.上がった足の戻し方

上がった足を戻すのは簡単です。

ピッチャーがボールを離す手前くらいで、かかとを下ろせばいいのですが、このときポイントとなるのは、かかとをややピッチャーよりに移動させるということです。

こうすることで、勢いよく体重をステップする足に乗せることができ、力強い左側の壁ができあがります。

ここまでの一連の動作を繰り返し練習して、自分のものにしましょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!