野球におけるバッティングで流し打ちと言われる打ち方(右打者は右方向、左打者は左方向)を覚えなければ野球のバッティングの技術が上達することはありません。

ここでは「野球のバッティングを上達させる流し打ち」をお伝えします。

1.流し打ちは当てるのではなくしっかり打つ

野球のバッティングで流し打ちというのは、右打者は右方向、左打者は左方向へ打つ打球のこことを言います。

逆後方の打球とも言われます。

この「流す」という言葉を聞けば来たボールに軽く合わせるようなイメージを持ちやすいのですが、流し打ちをする時はしっかりボールを叩くことが大事です。

流し打ちというのはしっかりと意識して意図的に逆方向へ打つ打球ですからたまたま振り遅れて逆方向に飛んだという打球は流し打ちをしたとは言えません。

そしてこの流し打ちはより実践的なバッティングになるので野球を上達させるためには欠かせないバッティングの技術になります。

2.流し打ちでバッティングの幅が広がる

流し打ちを覚えることでバッティングの幅が広がるのはもちろん、打球の方向も当然広がっていきます。

したがって、バッティングの技術的な部分にも大きな影響を与えます。

流し打ちで意識することはまずボールを引き付けて打つということです。

引き付けるということはボールを捉えるポイントを少し後ろ(捕手側)で捉えるということになります。

そうなると体が突っ込んだり、開いたりすると引き付けてボールを捉えることができません。

スポンサーリンク


ボールを正しい位置まで引き付けるのはトップの位置をしっかり作らなければなりません。

トップの位置をしっかり作ることはバッティングの基本になります。

流し打ちも基本があってできる打ち方なのです。

この流し打ちをしっかり自分のものにできれば、速球派でも技巧派の投手でも対応することができます。

3.流し打ちの意識の持ち方

流し打ちはボールをできるだけ引き付けて打つことですが決して当てるような打ち方をするのではなくしっかりと叩くイメージで打つことが大事です。

流し打ちをすることでよくあるのがバットのスイングがドアスイングになってしまうことです。

これらの打ち方にならないようにするためには、ボールを捉える時にボールの内側を強く叩くことをイメージしてバットを出していくことです。

そしてもう一つ大事なのが後ろの手(捕手側の手)でしっかり押し込むことが重要なのです。

流し打ちはできるだけ引き付けて打つ打ち方なので通常ようりも差し込まれる感覚があります。

この時にボールの負けないように後ろの手でしっかりと押し込まなければ強い打球は飛びません。

この押し込みが弱いと打球がファウルになったり、ポップフライが上がったりします。

この押し込みがしっかりできれば打球が遠くへ飛ばすことができます。

プロの強打者でも逆方向に大きな打球が飛ばせる打者はみんなこの最後の押し込みをしっかりしているのです。

流し打ちも野球のバッティングを上達させるためには不可欠なものです。

しっかりと練習をして自分のものにすることで野球も上達していくのです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!