野球のバッティングで、ミート力を上げるにはどうしたらよいのでしょうか。

ミートするということは、バットの芯でボールを捉えるということです。

ではどうしたらバットの芯で捉えることができるのでしょうか

1.バッティングのミートポイント

ミート力を上げるには、ピッチャーの投げてくるコースに適したバットスウィングをしてあげる、ということです。

それには、ピッチャーの手からボールが離れた瞬間に、だいたいのコースを見極めることが大切です。

そうしたら今度は、そのコースに適したバットスウィングをします。

例えば、インコースの高めに来たら、バットの先端を上にあげて、バットがボールのセンターに当たるようにします。

逆にアウトコースの低めに来たらバットの先端を下に下げて打ちます。

このとき重要なのが、ボールを捉える場所はインコース、アウトコース、真ん中、どのコースにきても同じ場所なのです。

ほとんどの野球選手のミートポイントは、ピッチャー寄りになり過ぎています。

ボールを引き付けることができないため、前で合わせるだけのスウィングになってしまっています。

これでは野球のバッティング技術は上達しません。

ではどうしたらミートポイントを安定させてミート力をあげることができるのでしょうか

2.野球のバッティングのミート力の上げ方

それは決して手打ちになってはいけないということです。

手と体が離れてしまうと、バットを滑らかにスウィングすることができません

そのため、ミートするポイントもずれてしまいます。

それではどうするかといいますと、構えの段階でグリップした腕や肩をリラックスさせて、体を捻った状態でボールを待ちます。

スポンサーリンク


そうすることで、後はその捻った体をピッチャー方向に戻すだけですから、容易にミートポイントに、バットを持っていくことができるのです。

ボールをミートするときにボールをじっと見ている必要はありません。

特に速いボールの場合はそんな余裕はありません。

おおよそのコースが分かれば、そのコースに応じてバットを持っていけばいいだけのことです。

多少のボール球でも打てるくらいでないと、いい打者になることはできません。

審判によっては、ボールの球をストライクと判定するときもあるでしょうし、また、ヒットエンドランの時は、ボールだろうが絶対に打たなくてはならないのです。
フリーバッティングの練習では、多少のボール球でもどんどん打っていきましょう。

ミート力をあげる練習には、ティーバッティングという練習があります。

これはだれかに座って投げてもらうものですが、できれば、長い棒状のものでその上にボールを置いて、静止したボールを打つ練習をするとよいでしょう。

誰かにトスをしてもらうと、実際のピッチャーよりも右側からトスをするため、実践的ではありません。

そのかわりに、長い棒状のものでボールを置いて打つティーバッティングをお薦めします。

これは静止したボールを打つため、ミートポイントを把握しやすく、ミート力を上げるのに効果的です

やり方としては、ボールをインコース、アウトコース、真ん中に自分の体を調節して、それぞれ打ちますが、その時にボールを置く場所は、すべて同じ場所にしてください。

そのボールをインコースは右中間方向へ、アウトコースは左中間方向へ、真ん中のボールはセンター方向へ打っていくイメージを持ちます。

ミートポイントを一定にすることで、あなたのミート力はかなり上達するでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク