野球のバッティングで、どのコースが一番打ちやすいか、と聞かれると、半数の人が、内角と答えると思いますが、内角の打ち方を正しく理解している人は、残念ながらほとんどいませんが、内角を制することは野球上達には欠かせないことです。

1.内角は打ちやすいのか

みなさんのイメージで、内角を打つのが易しいイメージがあるのは、真ん中、アウトコースに比べて、体の近くにあるため、ボールが高めに来ようが、低めに来ようが、ボールを扱いやすい、と感じるからだと思います。

しかし、はたしてそうでしょうか。

確かにボールに当たる確率は、一番高いかもしれませんが、ほとんどの人は内角のボールを、手首をこねて引っ張るか、体全体を開いて打つ、いわゆるドアスイングをする打ち方のどちらかです。

これでは、ボールがレフト方向に大きく切れる、ファールになるか速いボールに差し込まれること間違いなしです。

たまに大きな当たりが出るかもしれませんが、その確率はとても低いものになります。

三振はしなくても、ボールがフェアグラウンドに飛んで行ってくれません。

では、どうすれば内角のボールが、左に切れて、ファールになるのを防げるのかを説明いたします。

2.野球のバッティングの内角の打ち方

まず、真ん中のボールを打つのと、アウトコースのボールを打つのと、バッティングのスイング自体を、特別変える必要はありませんが、問題はバットとボールの当たる場所です。

スポンサーリンク


手首をこねて打つ人や体全体を開いて打つ人は、どうしても、バットとボールの当たる場所が、かなり前方になってしまっています。

これですと、体に近いボールを、すごく前のほうで打つので、当然ボールは左に引っかかり、レフト方向へファールになってしまうのです。

そこでイメージを変えて、内角のボールを手首もこねず、体も開かず、少し我慢して、キャッチャーの方向に引き付けて打つことを心掛けてみてください。

始めは非常に窮屈に感じるかもしれませんが、慣れてくれば、ボールはレフト方向のファールにはならず、逆に右中間方向に飛んでいくようになります。

ただし、このとき重要なのが、上半身は開いてはいけないが、腰は開いてもいいということです。

いわゆる「レートヒット」、下半身が先行して、上半身が後からついてくる。

「レートヒット」させるのに重要なポイントは、後ろの肘を体から離さないことです。

後ろの肘を体から離さないことにより、バットが後ろに保つことができるのです。

以上のやり方だと、どうしても打ちにくい人は、ステップする足をアウトサイドにステップすると、打ちやすくなりますので、試してみてください。

このイメージで内角の打ち方を覚えたら、あなたの野球のバッティング技術は、非常に高いレベルに上達したと言えるでしょう。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!