野球のバッティングの際、負いやすい怪我と言えば、やはりピッチャーによるデッドボールの、打撲による怪我ですので、特に、体の弱い部分には当たらないように、注意しなくてはなりません。

またバットスウィングでは肩や肘、膝が痛めやすい箇所です。

1.ピッチャーの悪送球への対応

怪我は、野球のあらゆる場面で起こる可能性はありますが、それによって、自分の野球技術の上達が妨げられてしまうかもしれませんので、未然に防ぐように心がけましょう。

ピッチャーが悪送球したときなどは、まず、頭には当たらないように気を付けるべきです。

特に硬式のボールで、頭に当たってしまうと、致命的な怪我になることがあるので、注意が必要です。

そのためには、日ごろから反射神経を鍛えることも大事ですが、何よりも、バッターボックスの構えの段階で、咄嗟によけられるような状態を、あらかじめ作っておくことが大切です。

バッターボックスでは、決して突っ立ちすぎず、やや前傾してピッチャーのボールを待ちます。

また、体をピッチャーとは反対方向へ十分捻っておくことも、頭だけではなく、胸やお腹などの部分も守ってくれます。

背中やお尻は、ボールが当たっても比較的、痛みは強くなく、重症になるようなことはないでしょう。

スポンサーリンク


2.野球のバッティングのスウィングにおける怪我

野球のバッティングのスウィングにおける怪我には、膝の怪我が多いようです。

これはステップした足に、正確に体重が乗らずに、外側方向へはみ出すために、膝に負担がかかってくるものと思われます。

そのほかには、自分の打ったボール、「自打球」に当たって怪我をするケースです。

これは、ボールとバットが、正対して当たっていないときに、よくあるケースで、特に、インコースのボールを、無理に手首を返して、レフト方向へ引っ張ろうとしたときに、起こりやすく、やはり膝や足首に当たってしまうものです。

また、ピッチャーのボールに差し込まれて、肩や肘を痛めてしまうケースもありますが、
これらスウィングにおける、二つの怪我は、正しいバッティングをしていれば、そんなに起こることはありません。

体の芯をぶらさずに、しっかり体を捻り、その捻り戻しでバットを振っていく。

決して小手先には頼らず、体全体で振っていくように気を付ければ、怪我をする確率は減ってきます。

最後に、怪我防止にと、筋肉を鍛えるのもいいことですが、ストレッチなどで体を温め、筋肉が硬くならないように、常に柔軟な体でいることは、怪我をしにくくさせるだけでなく、野球の技術上達のためにも大切だと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!