野球に限らず球技の基本となるのはボールをしっかり見ることです。

野球のバッティングというのは向かってくるボールを打ち返すスポーツです。

その動いているボールを打つにはボールの見方一つでバッティングが大きく変わります。

ここでは「野球が上達するバッティングのボールの見方」を考えます。

1.ボールをしっかり見ることの意味

「ボールをしっかり見て打て」とよく打てなくなると言われるものです。

また調子が悪くなっても「ボールが見えてない」と言われます。

練習ではボールがバットに当たる瞬間まで見る意識でバッティング練習をしています。

しかし、実際にはボールを見てからバットを振っていたのではバットのスイングがボールに追いつきません。

打者はピッチャーの投げるボールを手の離れたところから打つポイントまで線でボールを捉える、つまり頭の中で軌道を描いて予測のポイントに向かってバットを振るのです。

このボールの軌道を描くのに大事なのがボールの見方になるのです。

2.軸をしっかり作ること

実際にボールをよく見るというのはバッティングにおいて頭の位置が動かないということなのです。

バッティングの指導からボールを捉えるまでの間に頭の位置が上下や左右にブレることがあります。

これはバッティングの軸ができていないとブレてしまいます。

軸ができていないと頭も動きやすくなりボールが動いて見えるので焦点を合わせずらくなります。

焦点が合わせずらくなると打つポイントまでの線を描くことができなくなるのです。

スポンサーリンク


したがって自分がイメージた感覚でボールを捉えることができにくくなります。

また相手ピッチャーは直球だけを投げてくるのではなく変化球も投げてきます。

このボールに対して軸がブレると対応がますますできなくなります。

3.ボールの見方を自分のものにする

バッティングにおいてしっかりボールを見るということはボールの見方がポイントになります。

これも絶対的にこうだという科学的な内容よりも意識の持ち方をしっかり身につけることです。

実際にはボールの見え方は人ぞれぞれ感覚が違うので一律な話にはなりません。

しかし、意識の持ち方は誰でも変えることはできます。

ボールの見方としてよく言われるがボールの内側、体に近い方を見て内側を打つ感覚でバットを出すという内容です。

このボールを見る練習方法として、バッターボックスにグローブを持って打つ時の姿勢で構えます。

そしてピッチャーが投げてくるボールを打つ時と同じ感覚でボールを取りにいきます。

この時にボールがグローブに収まるところまでしっかりボールを目で追いかけることなのです。

ボールの見方を覚える基本的な練習になりますのでしっかりと身につけておくことです。

野球でバッティングを上達させるためにはボールをしっかり見ることが基本です。

そしてしっかりボールを見るというのはボールの見方を意識すればしっかりと見れるようになり、自分に合った見やすいボールの見方をしっかり身につけることが上達への近道となります。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



野球がもっと上手くなりたい人へ
野球が驚くほど上達する練習教材
✓毎日練習してもレギュラーになれない
✓試合になるとヒットが打てない
✓制球力や球速をつけてエースピッチャーになりたい
✓部活や少年野球の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「野球が驚くほど上達する練習教材」 です。

野球が驚くほど上達する練習教材は、 元プロ野球選手 などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に野球が上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の野球が上達する練習教材を紹介します。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティング上達法の決定版がついに登場!!
このプログラムは元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光ニ氏 のスラッガーコンビが教えるバッティングのマル秘練習法です!!

これさえ身につければ、わずが7日間でホームラン連発の強打者に生まれ変わる事ができます!!